よくある質問

よくある質問

  • 親知らずって抜かないといけないのでしょうか?

    親知らずとは大人の歯の前から数えて8番目で、大臼歯(大きい奥歯の3番目)のことです。専門用語では智歯といいます。なぜ親知らずというか?私も本当の由来はわかりませんが、いくつかの説があります。①成人すると親に口の中をみせることがなくなり、その後にはえる歯だからという説②乳歯が子供、永久歯が親にみたてると、智歯には対応する乳歯がもともとないからという説③昔は人間の寿命が短く、智歯がはえるころには親は死んでいたからという説    などさまざま。ちなみに英語ではWisdamToothといいます。Wisdamは知識とか知恵という意味ですが、知恵がつく大人になってはえる歯という由来だそうです。親知らずは色々なトラブルを引き起こし、抜かざるを得ないケースがほとんどです。現代人の顎はどんどん小さくなっているのですが、歯の数は人間が猿だったころと同じ数あります。歯の数が多すぎるため、まっすぐはえてこないことも。虫歯になりやすかったり、歯肉の炎症がおこったりします。昔は親知らずの炎症で死にいたることさえあったとききます。一部親知らずを有効につかってあえて残したりすることもありますが、抜歯したほうが良いケースのほうが圧倒的に多いというのが現状です。心配なのは抜くのに痛くないのか?ですが、麻酔がきいていれば、抜くときはいたくありません。はえ方によって抜いた後の痛みや腫れはちがいます。

    ▲このページの先頭へ

  • フッ素は虫歯予防にいいと聞きますが、子どもが飲み込んでも害はないのでしょうか?

     確かにフッ素は虫歯予防に絶大な効果があります。
    歯磨き粉などに添加されて販売されています。しかし国内発売のものは濃度がかなり低く制限されています。ひとつの原因として薬事法の問題や、かつてフッ素が体に悪いという誤った解釈から一部の団体や、親御さんから反対されたことにあると思います。
    きちんとした使用法や量を守れば全く問題なく最大の効果を得られるものです。
    (例えば砂糖や塩などの食品でも、一度に大量に摂取すると健康に害を及ぼします。)

     欧米の国の中には、食塩や水道水にあらかじめフッ素が添加され、自然に虫歯予防ができるようにしている国も少なくありません。これをフロリデーションといいます。
     フロリデーションを実施している国で、フッ素によって重大な健康被害を及ぼした、という報告は最近では皆無に等しく、また虫歯患者率は日本と比較して著しく低いのです。

     一方我が国で、フッ素塗布を反対されている家庭のお子様の口の中が、虫歯だらけになっているのは否めない事実です。

    ▲このページの先頭へ

  • 料金が高いと感じる医院とそうでない医院があると思うのですが…

     歯科治療には、自由診療(自費)と保険診療の二つがあります。保険診療は国での細かい規定のもと算定していますので、基本的には同じ治療内容ならどの歯科医院でも同じ金額だと思います。しかし、年齢や治療の困難度、月初め、治療の流れによって微妙に変わってきます。

     一方、自由診療は保険で認められていない材料や、方法でもほぼ制限なく治療をうけていただけます。そのため、その医院毎で料金が違ってきます。安いという理由だけで医院を選択すると、結局すぐ再治療をすることになったり、満足の出来ない結果となることもあります。よく納得された上で選ぶ事が大切です。費用の事を除外すれば、自由診療のほうが、はるかに良い結果を得ることができます。

     ちなみに当院では、次回の御支払い額を(特に高めの費用になる時)、受付にて出来るだけ説明させていただいております。

    ▲このページの先頭へ

  • 転勤をするのですが、いい歯科医院しりませんか?

    転勤など新しい土地に行ったとき、多くの人は歯科医院をどうやってさがしたらいいか、

    悩むようです。

    知っているいい医があれば、ご紹介させていただくのですが、

    そうじゃないときはいくつかアドバイスをするようにしています。

    実は患者さんの評判がいいところが、いい治療しているとはいえません。

    なぜなら患者さんの「いい歯科医院」の評価とは

    きれい、痛くない、早い、やさしい、待ち時間がない、安い、などということが多いのですが、

    このことは我々が推薦する「いい治療」とは一致しないのです。

    最高の治療も時には痛みの伴うものであるし、

    いい治療法は保険がきかないものも多いのです。

    最近は歯科でもランキングサイトがありますが、お勧めの医院が上位にないこともしばしばです。

     

    では、歯科医院をみつけるポイントです。

    ①先生が他の医院での治療の悪口をあまり言わないこと。・・・どんな名医の治療でも別の側面から  みると治療法は1つではないからです。いいか悪いかは患者さんが満足していただけたか?だと思います。

    ②値段の高い安いできめない。

    ③治療法でいくつかの選択肢をあたえてくれること。

    ④今のことだけでなく、5年後10年後、20年後をかんがえてカウンセリングしてくれること。

    ⑤領収書をきちんとだしてくれること。

    ⑥先生が勉強会に積極的に参加してるかどうか。医療は日々進化してます。

    などなどです。ただしかかりつけの医院で転勤先での歯科医院を紹介してもらうのが

    ベストだと思います。

    ▲このページの先頭へ

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。