院長のブログ

記事一覧

  1. 7月8日号 7月15日号,7月29日号と

    トップ記事となっていた歯科のはなし。

     

    いやーーー、久しぶりにとんでもなくひどい低レベルの記事で、笑っちゃいました。

     

    歯科の話って1年になんどか定期的に報道されます。

    アカデミックな話とか、いい話ではないですよ。

     

    歯医者=悪人

     AACKJGUOF

    北野武のアウトブレイクの宣伝文句みたいに

    「全員悪人」というような 性悪説の話です。

     

    記事のキャッチコピーが

    「業界タブーを全部書く。やってはいけない歯科治療」ですって。

     

    「ほうほう、業界タブーねえ。私も聞いてみたい。」・・・で買いましたよ。

    この類の記事って歯医者=悪ということを前提に書くので、例えば悪の頂点にあるような歯科医院がやっているようなことを、さも業界の全体がやっているように書いてあるんですね。

    まるで犯罪をおかしたひとが1人でもいると、その町の人全員犯罪者扱いするかのように。

     

    記事にはかなり突っ込みどころ満載だし、大盛に盛っているし。

    AAAHGHFKF

    載っている歯科医師がいうには

    勤務歯科医は、ちゃんと治すと再治療がへって儲からず、上司に怒られるから、むし歯は取り残しするんです。とにかくできるだけ手間暇をかけず、たくさん患者さんをみて利益をあげないといけない。その当時私の年収は2200万円でした。ですって。

    いやあ、普通の勤務医で2200万円の給料っていうのもありえないし、万が一本当だとしたら、普通1時間かかる治療を、5分~10分で終わらせないと絶対にそんな給料もらえる数字あげれるはずがないですもの。

    この話はうそであったほうがいいですが、本当だつた場合、手間をかけずに2200万円かせいでいた治療のクオリティを考えるとそっちのほうがよほど恐ろしいです。

     

    ほかには、レジン(白いつめもの)は手間がかかり、儲からないから日本人歯科医は、点数の高い銀歯にしたがる!って内容。

    いや、レジンでできる治療なら、レジンでやりたいっていう歯科医のほうが多いと思うんですけど・・・。銀歯のほうが材料費と加工費などコストがかかりますしね。

     

    そのほかにもひどい内容がたくさん載っていました。

    【〇〇院長は、他院で抜かないといけないといわれた歯でも、根管治療と呼ばれる手法で治す】らしい

     

    Oh my god!!

    なんだその 根管治療と呼ばれる手法は??????

    STAP現象のような画期的な治療なのか???(笑)

     

    まともな歯科医師ならこのシリーズの記事見て、ばかばかしくて笑ってしまいますよ。

    半分くらいは、盛りたしと極論ですね。

    AAAJHFF

    もう少しちゃんとお勉強してから記事書いてほしいものです。

     

    物事の2面性や本質がまったくみえていません。

     

    たとえば「歯科医師は、抜かなくてもいい歯を、儲けるためにどんどん抜いている。そしてインプラントをいれて儲けている」

    なんて書かれています。

    抜かない歯科医師なんて人も紹介されています。

     

    こういうバカげた記事を書くと、患者さんが混乱して最終的に患者さんが一番損するんです。

     

    例えば、歯を抜くとして

    抜かないことで後に生じるメリットと 抜くことで生じるメリットが

    五分五分だったら、個人的にはぬかない選択肢もありかなと思います。

     

    抜かない!という歯科医師のほうが、患者さんの支持率は高くなるわけです。

    これ消費税と同じですね。あげないという政治家のほうが人気はあがりますが、将来をかんがえるとあげざるを得ない状況。

    今すぐにでも増税しなければいけないのに、選挙がらみで先延ばしにしたことも過去多々あります。

     

    抜かないといけないような歯をそのままにしていたおかげで、とんでもない結果になってしまっている患者さんがおおぜいいます。

    あごの骨が過度になくなってしまったり、抜かないで矯正したためにお金と時間をたくさんかけたのに歯並びがまったく改善できなかったり・・・。

    抜かないのと 抜くのとのメリットを比較して 抜かない:抜く=30:70とか、 20:80だったらやっぱり抜くことを考えるべきなのです。

     

    患者さんは事前によく説明を受けるべきなんです。

    すべての選択肢を。

    抜いた後インプラントにするのか、入れ歯にするのか、ブリッジにするのか、なにもしないのか、などなど。

    どれをえらんでも利点欠点はかならずあります。安くて、長持ちして、見た目もきれいで、違和感なく、体によいなんてものは存在しません。

     

    説明を受けたうえで最終的にどうするか決めるのは患者さん本人です。絶対に抜いたほうがいい歯であっても、患者さんが望まないのであれば、仕方がないのです。

     

    その結果として、治療費が高額になったとしても、それはけっして悪いことではないと思います。

    たとえ3倍の値段がしても、中国産の野菜ではなく、無農薬の国産野菜を買う人はたくさんいます。

     

    歯周病の船越先生はおっしゃいました。

     

    「この世に、安くて最高のものはない。やすくてそこそこのものはある。最高のものを買おうとおもったら絶対に値段は高額になるんだ!」と。

     

     

    残念ながら、世間にでまわっている歯科の報道って、半分くらいは極論や間違いばかりです。真実かどうか、一般人にはわかりませんし、時には歯科医師さえも真相さだかではない情報もでまわります。

     

    いつも思うのですが、

    「歯科はコンビニより多くて、食っていけず、歯医者は貧乏になっている」とか、

    「儲けにはしるために、ひどい治療をしている」なんていう話を

    ちょくちょく報道するのですが(嘘が多い)、そもそもみんなそんなに興味あるんでしょうか?

     

    実は歯科のこういう話をかくと雑誌はすごく売れるのだそうです。

    なぜって?

     

    歯科関係者が買うからです。事実私も、全部買いました(笑)

    いやどういうことを書いているかしらないと、患者さんの誤解をとくことができないからです。

    本がうれない時代に、歯科関係者の一部が買うだけで、何万分も部数がふえるのです。

     

    だから、悪意のある嘘や、一部の歯科医の悪行を業界全体の悪のように報道して、売り上げをのばそうとするのです。

    インプラントをいれてこんなに良かった!人生が変わった!なんていう記事をかいても雑誌の売り上げはきっとのびないでしょうからね

     

    AAABJFYD

     

     

    これからも歯科の悪意ある報道は、定期的にあるでしょう。

    でもほとんどの歯科医師は、先日述べた通り、倫理観をもち一生懸命やっています。

    歪曲された報道に患者さんがまどわされて、悲惨な結果にならないことをいのります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  2. 7月7日 七夕 アクアはおかげさまで10周年をむかえることができました。

    私のような人間が、ひとをつかつて、経営をしていくということは、異業種のかたからみれば本当に信じられないことかもしれません。

    医者バカ 歯医者バカといって 専門的なことは勤務医のときに勉強するのですが、

    経営や経済を学ぶことはほとんどありません。(大学でもなかったと思うなあ)

    お金の仕組み、税金、労務管理なども開業して少しづつ学んでいくんですね。

    キャッシュフローなんて全く知りませんでしたし。

    この業界じゃなかったら、こんな素人経営だときっと とっくにつぶれていたでしょうね。

    日本の個人事業(全部の職業)で5年以内に廃業するのは 80%

    10年では95%だと聞いたことがあります。

    つまり10年つづけていけるのは、わずか5%にすぎないということです。

    私のこどものころ羽振りのよかった業種が今ではどんどん消えていってます。

    本屋さん、印刷会社もずいぶん減りました。

    それどころか4~5年前までものすごい勢いだったお店、業種までも生存競争に必死です。

    家電量販店、チェーン居酒屋、ハンバーガーチェーン、牛丼などなど。

     

    ダーウィンの進化論

    この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ

     

     

    歯科医療も日々進化しています。わずか数年前、最新でいいといわれていたことが、今では悪い治療だといわれることも多々あります。

    よい意味で変化にたいおうできないといけません。

     

    我々は、これからも常に自己研鑽をおこない、患者さんにとつて常に最高の歯科医療を提供できるようにめざしていきます。

    スタッフ、各業者様、患者さま、10年間ありがとうございました。

     

    そしてこれからもよろしくおねがいいたします。

     

    アクア歯科クリニック  院長  小坂孝史

  3. 日本の大学をストレートで卒業しようとおもったら

    医学部6年

    歯学部6年

    薬学部6年

     

    かかります。医療関係って 浪人 留年 国家試験浪人などストレートでない人はめずらしくありません。

     

    私の個人の考えでは、たんに国家試験だけとおればいいのであれば、医科も歯科も薬学も4年あれば十分だと思っています。

    げんに薬学は最近まで4年生でしたし、海外のメディカルスクールは4年の国もありますから。(アメリカは確か、普通の大学4年でたあと、4年の医学校にいくんだったけ)

     

    ものすごく頭のいい、難関大学にするっとはいれるような天才高校生なら、6年学校にいかなくても1年くらい国家試験勉強すれば、合格するひとがいるかもしれません。

     

    私は歯科のことしかしりませんが、歯学部の1、2年の授業ってなくても学問的にはそんなに影響ないと思うんです。

    もはやつかわないドイツ語の授業や、数学、体育とか英語など、ほぼ一般教養。

     

    唯一、2年のころの解剖(体全部やります)くらい。

    つまり内容としては4年もあれば充分だと思うんです。

     

    しかも大学でならったことや、国家試験で勉強したことは、実際の現場にはそぐわないものだったり、間違いのこともたくさんあります。

     

    ただ医療系の人間がそれほど長い期間大学にいかなければならない本当の理由とは

     

    「医療人になるための意識改革、動機づけ、倫理観の確立のため」ではないかと、私は思うのです。

    1年や2年の教育課程で、いつも授業で寝ていたような人間が、卒業することろになると、医療人の目になっていくのです。

     

    最近、歯科医師の犯罪や、犯罪を犯した家族が歯科医師だったなどという事件が多発しました。

    ドラッグ関係の事件もありました。

     

    医者でも歯医者でも、薬剤師でもその気になったら簡単に人を殺せてしまう武器をもって仕事をしています。

    私も週になんどもメスをにぎり口の中を切開したりしています。

    切っているすぐそばに、命にかかわるような血管があったり、麻痺してしまうような神経もあります。

     

    麻酔薬だってそう。年に一体何千本うっているやら。

     

    そんな職業の人間が薬物をやっていたらどうなるでしょうか。

     

    治療中に幻覚がみえて、患者さんの目玉にメスや注射針をさしたくなるかもしれません。

    今や歯科の世界は、1ミリ以下の部分にこだわりを求めなければいけないようになっています。

    そういう治療をやるとき、ある時は息をとめ、瞬きをとめて集中するのです。

     

    そんな細かいことを、精神がおかしくなっている人間ができるはずがないと思うのです。

     

    「なぜあなたは覚せい剤や 大麻、危険ドラッグをしないのか?」ときかれたら何とこたえるでしょうか?

     

    違法だから?

    体に悪いから?

     

    私がしたことも、するつもりも一切ないのは、違法だからではありません。

    オランダでは大麻が合法でしたっけ?

    カナダで、もうすぐ合法化されるのはマリファナでした???

    合法の国で日本人が使うのはたぶん問題ないんですよね。

     

    かつての日本でも「ヒロポン」という名前の覚せい剤が、合法で普通に街でうられていたといいます。

     

    いや、私がそういうものに接しないのは違法だからではないのですよ。

    煙草を私がすわないし、人生で1度も吸ったことがないのも同じこと。(私の世代の男性で一度も吸ったことがないなんて、もはや希少生物レベル)

     

    煙草でさえすわない人間が、ドラッグからいきなりはいろうとはしないとおもうんですよ。

     

    まあまあ、煙草とドラッグを一緒にしてしまうと、怒られそうですが。

     

    大麻を日本で合法化しよう!という政治活動も今回の参院選であるようですが、万が一日本で合法化されたとしても、私自身は・・・・・。

    (選挙期間中なので、なかなか書きにくいですが)

     

    絶対にわすれてはいけない倫理観を忘れ、医療関係者、とくに歯科関係者や、歯科関係者の家族の禁止薬物が騒動になることは、本当に残念なことですね。

     

     

     

  4. この業界、狭い世界で、知り合いの知り合いという感じでたどっていくと、大概その人の知り合いという先生につながります。

    たとえば、自分は直接しらない先生とコンタクトとりたかったら3~4人の先生を仲介すればつながっていきます。

     

    歯科医って横のつながりがけっこうあって、セミナーや飲み会でいろんな先生とつどう機会が多く、情報交換も密だからです。

     

    これは医科ではそう簡単にはいきませんね。医科の先生って診療科目が違うと、セミナーや学会もちがいます。

    昨今ではより細分化された診療科目になったため、専門科目いがいの治療は普通はしません。

    歯科の場合、とくに一般歯科医は、外科も小児も矯正もインプラントも全部するという歯科医は結構多いんです。

     

    ちなみにうちの親戚(随分前に亡くなった)は、産婦人科医でしたが、開業していた場所がド田舎だったため、

    産婦人科 内科 外科 皮膚科 小児科 放射線科という診療項目を看板にあげひとりでやっていました。

     

    島などの診療はいまでもそういう「なんでも科」的なことをしなければいけなくなります。

     

     

    さて、↑で歯科はつながりが広いといいました。

    だから歯科医がニュースにでるようなことがあったり、芸能活動するとすぐ同業者の話題になります。

     

    ・・・で何かあると、(例えば犯罪とか・・・)

    かならず自分の周囲の歯科医が「あっ、その先生しってるよ!」

    その先生、学生時代はこうだったよ!」とか、

    「セミナーの懇親会でこうだったよ!」なんてすぐ話題になります。

     

    いまのところ私は犯罪をおかす予定はないのですが(笑)、なんかあったらすぐネットで晒し者になるんでしょうねぇ。

     

    交通事故だけはくれぐれも気をつけるよう自分にいいきかせています。

     

     

     

  5. 歯と口の健康週間ですよ!

    この時期メディアでは歯科の話題が豊富になり、

    各地で歯科のイベントも増えていきます。

    で、恒例の幼稚園の歯科検診

     

    むし歯は私の子どものころと比較すると激減しています。

    親の意識の向上と、フッ化物(フッ素)の普及のおかげかな。

     

    内科や小児科のDRが自分の子どもが、かぜやインフルエンザにいっさいかからないように予防するのは不可能です。

    でも歯科医は自分の子どもが一切むし歯にならないようにすることは可能です。

     

    つまり小さい子のむし歯は親次第!とうことですね。

    (もちろん、仕上げ磨きをさせてくれるような年齢までで、思春期以降は歯科医の子どももむし歯ゼロにするのは難しい)

     

    歯科医院スタッフの子どももむし歯率はぐーーーんと減ります。おこさんがむし歯にならないように注意してあげてくださいね。

    幼稚園の健診↓

    IMG_1482[1]

     

     

     

    歯と口の健康フェスティバル2016↓

    公衆衛生委員会が企画運営するイベント。宮交シティにて

     

     

    今年の新企画は、むし歯になりにくく、体にいいおやつの試食とクッキング講座。

     

    簡単にできて体によくておいしいお菓子。こんなのをおこさんのおやつにしてあげたほうがいいですよ。

    好評でした。

     

    大人気宮崎ゆるきゃら みやざき犬のダンスコーナー

    ここで大きなハプニング。

    ダンスの音楽がならない。

    音響係を兼任していた私は大観衆のまえで、大量のあせ。

    音がでるまでに10分以上かかってしまいました。みなさんごめんさなさーい

     

     

    最後に歯にまつわるクイズ大会。

    IMG_1485[1]

     

    またしても司会をやる羽目に・・・。。。

    本当はこういうの大の苦手なのに、やる宿命の私。この日の朝4時に目がさめたというノミの心臓の持ち主。

     

    「歯科医師会の歯科医が司会かい!」(しかいしかいのしかいがしかいかい!)←早口言葉

     

     

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。