院長のブログ

記事一覧

  1. アマゾンやアフリカで 文明と程遠い民族に抗生物質などの薬をつかうと驚くほど効果があると聞きます。

    現代日本人のように、なんでも清潔、清潔!抗菌、抗菌などといって、きれいすぎた生活をしていると免疫力もさがり病気に弱くなってしまいます。

     

    昔より、アトピー性皮膚炎や、食中毒などがふえたのはきっとそういうことでしょう。

     

    原住民は糞尿や、虫、菌やウイルスと隣り合わせたような生活を生まれた時からしており、それに勝たないことは「死」をも意味することなので、種の繁栄のために、病気に強い体になっているわけです。

     

    かくいう私もなさけない日本人。

    二日酔いをして頭がいたかったり、食べ過ぎでおなかの調子がわるいだけで、すぐ薬に助けをもとめてしまいます。

    親知らずをふくめ、大人の歯を1本も抜いたことが私はないのですが、抜歯後にときおりおこる激痛。

     

    私には耐えられるのでしょうか。(まあだから抜かないで済むように歯磨ききちんとするんですが)

     

    最近うちの子供が熱をだしています。

    彼は一度熱をだすと1W~2W長引いてしまいます。

    昨日、おとといも9度5分

     

    さすがにぐったりして食欲もありません。普段がかなりやんちゃなほうなので、さすがに心配になります。

    小児に熱があるとき、解熱剤をのませるのは慎重にしたほうがいいようですが、さすがに弱い解熱鎮痛剤のカロナールを1回のませました。

     

    そうすると30分後には熱がぐーーーんとさがり、食事もとってくてれ、プラレールであそんでいます。

     

    もちろんこれは薬が効いている間だけなので次の日にはまたもやお熱。

    いやしかし、あそこまで急激に熱がさがってくると、逆に怖くなりますね。

     

    まるでアマゾンの原住民のように劇的な効果。

    これはつまり、ほかの薬やたべものでも同じこと。

    大人が普通に摂取しているものが、まだ無垢な人間の体には影響が大きいということ。

    そんなことを考えさせられました。

  2. 最低賃金が20円以上アップすることがきまりましたね。

    どうやら毎年どんどんあげていくつもりらしい。

     

    時給ではたらいている方にとつてはきつと朗報でしょう。

    一部の政治団体は 最低賃金を1500円にしろ!なんていっておりますし・・・。

    1500円になれば、そりゃあ時給の方は大喜びでしょう。

     

    では1500円に仮になったとして、それで日本人は幸せになるのでしょうか?

     

    いやきっと恐ろしいことになるはずです。

    おそらく、中小企業や街のちいさな飲食店は、やっていけずどんどん廃業するでしょう。

     

    廃業しないためには、1つ500円で販売していた弁当を800円にしないといけないわけです。これはだれにでもわかることですね。

    となると結局、時給は増えたけれども身の回りの物価が上昇してしまうだけで、ちっとも生活がよくならない。

    日本が一番守らなくてはならない、精度のたかい製品をつくる町工場は壊滅状態となっていきます。

     

    経済にうとい私でも、1500円にすることがどれほど愚かなことか、ゆうに想像できます。

     

    テレビのニュース番組で、パートさんにインタビューしていました。

    「時給が上がるのはとてもうれしいです。上がった分で娘とおいしいものを食べに行きたいです」と笑顔

     

    母子家庭で一生懸命働いても、パートでは16万円くらいにしかならず、生活が大変らしいのです。

    もしその方だけの時給があがるのであれば、話は別ですが。

     

    時給が上がることで、アクアが困ることはべつのことです。

     

    ちなみに我が宮崎県は、沖縄や高知とならび全国で一番最低賃金が低い県です。今はたしか693円/1hだったかな。

    全職種の最低賃金は600円台ですが、宮崎の歯科衛生士の時給相場は900円~1100円くらい。

    都会のパートさんのことはよくわかりませんが、宮崎でパートをしている方というのは、基本旦那さんの扶養に入っていることがほとんど。

     

     

    年間103万円以内とか、130万円以内で働きたいという人が多いのです。

    私、頑張っている人はできるだけ時給をあげたり、評価してあげたいと思っています。

    しかし、時給が900円をこえるようになると、103万の壁、130万の壁を検討した場合に、10月以降シフトを組むのがものすごく困難になるのです。

     

    スタッフは時給をあげてほしいだろうし、できるだけたくさん働きたいという人もいる。

    経営者はスタッフの時給をあげたいのに、あげてしまうと、働いてもらう日数を減らさなくてはならない。(←スタッフ不足による経営危機)

     

    政府は今後、その金額の壁をさらに引き下げようとしていますねぇ。

     

    だから、スタッフの時給を上げることは、新たにスタッフを雇用しないといけないのです。

    もちろんその分人件費が増すのは当然ですが、歯科関係者の悩みはさらに別の部分にもあるのです。

     

    ほんと、日本全国、歯科衛生士さんがなかなか来てくれないのです。各歯科医院で歯科衛生士さんの取り合いの状態。

     

    世間一般の仕事でも有効求人倍率はかなり高いし・・・。

    今世紀中に日本の人口は今の半分くらいになるといわれています。

    老人の割合がふえることや、子供の数がへっていることがよく問題視されていますね。

    一番の問題点は労働人口の減少だと思うんです。労働人口を増やすために子供の数をふやしたいわけですよね。

     

    だったら、働ける世代や、働きたい高齢者がもっと気持ちよく働けるようにしていただけないもんかと思います。

    最低賃金あげすぎてしまって、130万円の壁をひきさげてしまうと、中小企業の労働人口がへってさらに減ってしまいます。

     

    待機児童の件もそう、なんとか主婦の労働力をもっと有効につかえる条例をかんがえてはいただけないものか・・・・。

     

     

     

     

     

     

     

  3. 週末の連休、各地でイベントがありました。

    宮崎では、前から話題になっていた「ふるまいフェス」が開催されました。

     

    前売り3500円 当日券4500円はらうと、会場の食べ物がいくらでも食べ放題という企画。

     

    これ、まえから危険なイベントだなあと感じていたんですよ。

    有料でも食フェスではかなり並びますからね。

    食べ放題だと、できるだけたくさん種類食べたい人ばかりなのは当然ですから・・・。

     

    危険を察していたので、見向きもしませんでしたが、予想通りというか、予想を何百倍もこえる恐ろしい状況だったようで・・・。

    もう宮崎のSNSでは、このイベントを地獄フェスとか、地獄のふるまいなんて、炎上していますね。搬送された方には本当にお気の毒。

     

    東北など遠方からの観光客もおおく、宮崎の評判ががたおちになってしまいました。詳しくはフェイスブックで「ふるまいフェス」検索してみてください。

     

    そもそも私、人混みが嫌いで、並ぶのもきらい。最大で30分が限界。

    だからディズニーランドもごめんなさいです。

     

    んな私も、息子のためには多少ですが、週末行列にならびましたよ。

    「プラレールフェス」↓

    IMG_1736[1]

    IMG_1739[1]

     

    プラレールのことわかる人は、これがどのくらいすごいキットかわかるでしょ!

    歯科器材の展示会のついでに、嫁子で福岡にいったんです。

    1つのアトラクションに10~50分まち。

    でも、お父さんはこどものためだとがんばれるんだなあ。

     

    プラレール博もそうとう大混雑していましたが、段取りよくやったし、室内だったのでなんとか楽しくできました。

  4. 7月8日号 7月15日号,7月29日号と

    トップ記事となっていた歯科のはなし。

     

    いやーーー、久しぶりにとんでもなくひどい低レベルの記事で、笑っちゃいました。

     

    歯科の話って1年になんどか定期的に報道されます。

    アカデミックな話とか、いい話ではないですよ。

     

    歯医者=悪人

     AACKJGUOF

    北野武のアウトブレイクの宣伝文句みたいに

    「全員悪人」というような 性悪説の話です。

     

    記事のキャッチコピーが

    「業界タブーを全部書く。やってはいけない歯科治療」ですって。

     

    「ほうほう、業界タブーねえ。私も聞いてみたい。」・・・で買いましたよ。

    この類の記事って歯医者=悪ということを前提に書くので、例えば悪の頂点にあるような歯科医院がやっているようなことを、さも業界の全体がやっているように書いてあるんですね。

    まるで犯罪をおかしたひとが1人でもいると、その町の人全員犯罪者扱いするかのように。

     

    記事にはかなり突っ込みどころ満載だし、大盛に盛っているし。

    AAAHGHFKF

    載っている歯科医師がいうには

    勤務歯科医は、ちゃんと治すと再治療がへって儲からず、上司に怒られるから、むし歯は取り残しするんです。とにかくできるだけ手間暇をかけず、たくさん患者さんをみて利益をあげないといけない。その当時私の年収は2200万円でした。ですって。

    いやあ、普通の勤務医で2200万円の給料っていうのもありえないし、万が一本当だとしたら、普通1時間かかる治療を、5分~10分で終わらせないと絶対にそんな給料もらえる数字あげれるはずがないですもの。

    この話はうそであったほうがいいですが、本当だつた場合、手間をかけずに2200万円かせいでいた治療のクオリティを考えるとそっちのほうがよほど恐ろしいです。

     

    ほかには、レジン(白いつめもの)は手間がかかり、儲からないから日本人歯科医は、点数の高い銀歯にしたがる!って内容。

    いや、レジンでできる治療なら、レジンでやりたいっていう歯科医のほうが多いと思うんですけど・・・。銀歯のほうが材料費と加工費などコストがかかりますしね。

     

    そのほかにもひどい内容がたくさん載っていました。

    【〇〇院長は、他院で抜かないといけないといわれた歯でも、根管治療と呼ばれる手法で治す】らしい

     

    Oh my god!!

    なんだその 根管治療と呼ばれる手法は??????

    STAP現象のような画期的な治療なのか???(笑)

     

    まともな歯科医師ならこのシリーズの記事見て、ばかばかしくて笑ってしまいますよ。

    半分くらいは、盛りたしと極論ですね。

    AAAJHFF

    もう少しちゃんとお勉強してから記事書いてほしいものです。

     

    物事の2面性や本質がまったくみえていません。

     

    たとえば「歯科医師は、抜かなくてもいい歯を、儲けるためにどんどん抜いている。そしてインプラントをいれて儲けている」

    なんて書かれています。

    抜かない歯科医師なんて人も紹介されています。

     

    こういうバカげた記事を書くと、患者さんが混乱して最終的に患者さんが一番損するんです。

     

    例えば、歯を抜くとして

    抜かないことで後に生じるメリットと 抜くことで生じるメリットが

    五分五分だったら、個人的にはぬかない選択肢もありかなと思います。

     

    抜かない!という歯科医師のほうが、患者さんの支持率は高くなるわけです。

    これ消費税と同じですね。あげないという政治家のほうが人気はあがりますが、将来をかんがえるとあげざるを得ない状況。

    今すぐにでも増税しなければいけないのに、選挙がらみで先延ばしにしたことも過去多々あります。

     

    抜かないといけないような歯をそのままにしていたおかげで、とんでもない結果になってしまっている患者さんがおおぜいいます。

    あごの骨が過度になくなってしまったり、抜かないで矯正したためにお金と時間をたくさんかけたのに歯並びがまったく改善できなかったり・・・。

    抜かないのと 抜くのとのメリットを比較して 抜かない:抜く=30:70とか、 20:80だったらやっぱり抜くことを考えるべきなのです。

     

    患者さんは事前によく説明を受けるべきなんです。

    すべての選択肢を。

    抜いた後インプラントにするのか、入れ歯にするのか、ブリッジにするのか、なにもしないのか、などなど。

    どれをえらんでも利点欠点はかならずあります。安くて、長持ちして、見た目もきれいで、違和感なく、体によいなんてものは存在しません。

     

    説明を受けたうえで最終的にどうするか決めるのは患者さん本人です。絶対に抜いたほうがいい歯であっても、患者さんが望まないのであれば、仕方がないのです。

     

    その結果として、治療費が高額になったとしても、それはけっして悪いことではないと思います。

    たとえ3倍の値段がしても、中国産の野菜ではなく、無農薬の国産野菜を買う人はたくさんいます。

     

    歯周病の船越先生はおっしゃいました。

     

    「この世に、安くて最高のものはない。やすくてそこそこのものはある。最高のものを買おうとおもったら絶対に値段は高額になるんだ!」と。

     

     

    残念ながら、世間にでまわっている歯科の報道って、半分くらいは極論や間違いばかりです。真実かどうか、一般人にはわかりませんし、時には歯科医師さえも真相さだかではない情報もでまわります。

     

    いつも思うのですが、

    「歯科はコンビニより多くて、食っていけず、歯医者は貧乏になっている」とか、

    「儲けにはしるために、ひどい治療をしている」なんていう話を

    ちょくちょく報道するのですが(嘘が多い)、そもそもみんなそんなに興味あるんでしょうか?

     

    実は歯科のこういう話をかくと雑誌はすごく売れるのだそうです。

    なぜって?

     

    歯科関係者が買うからです。事実私も、全部買いました(笑)

    いやどういうことを書いているかしらないと、患者さんの誤解をとくことができないからです。

    本がうれない時代に、歯科関係者の一部が買うだけで、何万分も部数がふえるのです。

     

    だから、悪意のある嘘や、一部の歯科医の悪行を業界全体の悪のように報道して、売り上げをのばそうとするのです。

    インプラントをいれてこんなに良かった!人生が変わった!なんていう記事をかいても雑誌の売り上げはきっとのびないでしょうからね

     

    AAABJFYD

     

     

    これからも歯科の悪意ある報道は、定期的にあるでしょう。

    でもほとんどの歯科医師は、先日述べた通り、倫理観をもち一生懸命やっています。

    歪曲された報道に患者さんがまどわされて、悲惨な結果にならないことをいのります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  5. 7月7日 七夕 アクアはおかげさまで10周年をむかえることができました。

    私のような人間が、ひとをつかつて、経営をしていくということは、異業種のかたからみれば本当に信じられないことかもしれません。

    医者バカ 歯医者バカといって 専門的なことは勤務医のときに勉強するのですが、

    経営や経済を学ぶことはほとんどありません。(大学でもなかったと思うなあ)

    お金の仕組み、税金、労務管理なども開業して少しづつ学んでいくんですね。

    キャッシュフローなんて全く知りませんでしたし。

    この業界じゃなかったら、こんな素人経営だときっと とっくにつぶれていたでしょうね。

    日本の個人事業(全部の職業)で5年以内に廃業するのは 80%

    10年では95%だと聞いたことがあります。

    つまり10年つづけていけるのは、わずか5%にすぎないということです。

    私のこどものころ羽振りのよかった業種が今ではどんどん消えていってます。

    本屋さん、印刷会社もずいぶん減りました。

    それどころか4~5年前までものすごい勢いだったお店、業種までも生存競争に必死です。

    家電量販店、チェーン居酒屋、ハンバーガーチェーン、牛丼などなど。

     

    ダーウィンの進化論

    この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ

     

     

    歯科医療も日々進化しています。わずか数年前、最新でいいといわれていたことが、今では悪い治療だといわれることも多々あります。

    よい意味で変化にたいおうできないといけません。

     

    我々は、これからも常に自己研鑽をおこない、患者さんにとつて常に最高の歯科医療を提供できるようにめざしていきます。

    スタッフ、各業者様、患者さま、10年間ありがとうございました。

     

    そしてこれからもよろしくおねがいいたします。

     

    アクア歯科クリニック  院長  小坂孝史

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。