院長のブログ

記事一覧

  1. ボランティアとは

    1年に一度だけ、貯金箱の小銭を募金し、

    視聴者を泣かせよう泣かせようとする障害者の映像や

    マラソンをみて感動することではないと思う

     

    自分ができることだけでいいし、無理をしなくてもいいから、

    日々、自分より弱い立場のひとに対し、思いやりをもつこと。

     

     

    昨今の世界情勢でも同じことがいえるが、身近な宮崎でやられている活動がヤフーのトップ項目にとりあげられていることに

    驚きと、尊敬と反省を感じてしまった

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/yuasamakoto/20170201-00067139/

  2. タイトルの通り、麻薬より依存性が高い食物

     

    それは  糖質です。

    糖質は炭水化物も含みますが、その中でもとくにやばいのが 砂糖です。

    はい、麻薬をしたことのない、ご婦人方(ほとんどの人は麻薬したことないでしょうが・・・www)

     

    砂糖を一生やめろといわれたらどうしますか?

    きっと暴動がおこるでしょうよ。

    とりすぎは体に悪いとわかっていても砂糖はやめられない。

     

    昨日、アクアのミーテイングで「あまくない砂糖の話」という映画鑑賞会をしました。

    これ昨年10月のDVD発売日に購入してまだみていなかったもの。

    AAQSWAQZ

    ドキュメンタリーで、精製された砂糖を普段はとらず、健康的な生活をしている男性が60日間、砂糖をとりつづけていたらどうなるかをためしていく内容です。

    今まで通り、運動もして、ローファットの食生活の中で砂糖のみ一般のオーストラリア人の1日砂糖摂取量を毎日とっていくのです。

     

    オーストラリア人の1日の砂糖摂取量はなんと スプーン40杯分。

    オーストラリアで砂糖のない食品をスーパーで選ぼうとしたら、スーパーから8割のものが消えるといいます。

     

    また、赤ちゃんのころから哺乳瓶にサイダーをいれて育った青年の口の中がすごいことになつている映像も出てきます。

    (そこででてくる歯医者の施術にはちょっと苦笑してしまいますが)

     

    この映画をみたら、きっとあなたは食生活を改めたくなるはず。

    ぜひご覧になってください。

    歯科医は特にみたほうがいいですね。

  3.  

    DSCF4001

     

    学校からなんでもいいからといわれていますが、この日の1時間は自己紹介で終わりました。はははっ・・・。

  4. 宮崎市は、行政のかかわる歯科検診に 血糖値の測定をやっています。

    これは日本ではじめてのことで、とても画期的なことだと思います。

    歯科でなぜ?と思いませんか?

     

    実は、糖尿病と歯周病はきってもきりはなせない関係なんです。

    日本人はもともと糖尿病にかかりやすい民族なのです。

    アメリカに行ったことがあるかたはみたことあると思いますが、日本では考えられないような、おデブちゃんがたくさんいますよね。

    日本であれほどの方はほぼ見かけません。

    aaaswd1

    やはり食べているものが違うのです。体にわるい太るものばかり。

    ただそんな食事を日本人がしても、あんなメガトン級のおデブちゃんにはならないのだそうです。

    あんなになる前に、糖尿病などの病気を起こしてしまい、病気でやせていくからなのだそうです。

     

    つまり、アメリカ人と、日本人の内臓機能は、 F-1と軽自動車のエンジンの違いくらい違うということです。

    だからアメリカ人はあんなに太っている人が存在するんです。どんどん太れるボディの持ち主(もちろん病気になりますよ)

    (世界には、飢えに苦しんでいる人と同じくらい、肥満症の人がいるらしく、なんだかねーー)

     

    歯周病は 糖尿病の6番目の合併症といわれています。歯科医であれば、歯周病が血糖値をあげる可能性があることは誰でもしっています。

    しかし、歯周病は糖尿病以外の病気にも関係していることはもはや否定はできません。

     

     

    血液検査をするとCRPというものがわかります。C反応性タンパクの略号です。

     

    これは体に炎症があるときに上昇します。

    CRPが高いと心筋梗塞になるので、病院では入院をすすめられることもあるのだそうです。CRPの上昇は死につながる重大な問題です。

     

    歯周病がひどくなると、このCRPが上昇するんです。

    歯周病がひどい人にとって、高い血糖値が活性化(まさに触媒のようなもの)の原因となり、さらにCRPの上昇の原因となります。

    つまり、このことは歯周病が、糖尿病は当然のこと全身の病気に影響をあたえるということなのです。

     

    ・・・・・つづく

     

     

    追記:

    私には鹿児島県知事と バラエティで人気の「はい!論破」の俳優さんが同一人物にしかみえない件。

     

    aaaswwdd

    ↑鹿児島県知事

     

    ↓「はい!論破」のイヤミ課長

    もう似すぎ

    aaasdew

  5. 暗かった私の性格が、明るくなりました!

     

     

     

    ではなく、開業以来 暗くてとても嫌だった院内の照明を すべてかえました。

    LEDにかえたんです。

     

    毎月電気代が、ものすごく高いので、将来のことを考えLEDに総とっかえ。

    さらに照明を追加したので、とてもあかるくなりました。

     

    工事費にずいぶんお金がかかりました(普通車が買えます)が、電気屋さんの試算では3年で元がとれるとのこと。

     

    院内が明るくなると気持ちまでが明るくなりますね。

    なんか仕事までやる気がでちゃいました。

    dscf0137 dscf0136

    数年後には従来のものは廃止されるということなので、LEDになっていない歯科医院さんや お店のかたはぜひLEDにかえることをおすすめします。

     

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。