院長のブログ

記事一覧

  1. 2015年現在、

    歯科以外の、医科の初診料は ¥2820 再診料は¥720

    歯科は 初診料¥2340  再診料は¥420       です。

    患者さんに口内炎で来院されたとして、軟膏をだすとします。おなじことをしても歯科医院と内科とでうけとる報酬が違うのです。初診料だけで480円違いますから。

    多くの患者さんがこのうち3割を自分で支払います。歯科だけがこれだけ報酬が少ないんですね。

     

    なぜこうなのかは、わかりませんが、ある人は「政治力が弱いから」だとも言います。

    勿論政治力をあげるために、迂回献金などもってのほかですが・・・。

     

    2016年度 国は医療業界全体の診療報酬をさげることを決定しました。

    医療にかかる国の医療費のうち歯科はわずかに全体のに6%(だったと思う)にしかありません。

     

    いくら消費税をあげようともおそらくは、今後診療報酬が大幅に増えることはないでしょう。

    歯科医療と歯科の患者さんにとってこれは何を意味するのか?

    単に私たちの収入がへるということではなく、結局患者さんにそのつけがまわってくるかもしれないということです。

     

    来年からいままで歯科で保険が適用できなかったグラスファイバーの材料が保険適用になります。

    患者さんからするととってもいいことのように思えますね。

     

    今回の保険改正ではそれ1本が890円(の3割が患者負担)になったのです。ちなみにこの材料費は、接着剤代金や表面処理の薬剤などをいれると、1000円から1500円くらい

     

    原価率は130%~170%ちかくになってしまいます。

     

    どの業界もそうでしょうが、材料費はお客さんからいただくお金の25%~30%までにおさえないと、お店はやっていけなくなります。

    つまり1000円のランチは材料費300円くらいまでにしないといけません

     

    この材料をつかうときは神経つかうので時間も結構かかります。ちゃんとやらないと気泡がはいったり、装着後すぐ脱離してしまいます。

    なのに

    材料費も大赤字ですし、経営のことを考えたら、手間暇かけられない医院が多いはずです。

    だから来年保険でこの材料をつかってのトラブルがかなりふえると思うんですよ。

     

    接着剤や表面処理剤をきちんとやらない医院がふえても仕方がないのです。いままで自費だったものを原価割れするような価格で保険に組み込むことは、歯科医院の経営を圧迫するだけではなく、患者さんに粗悪な治療を提供してしまう可能性があるのです。

     

    話はかわりますが、C型肝炎の特効薬が保険で承認されとのをご存知ですか?

    『ハーボニー』といわれるものです。

    これをつかうとほぼ確実に100%ウィルスを死滅出来るのだそうです。

     

    この薬代はなんと 1錠 約80000円

    これを毎日12週間のみつづけないといけないのだそうです。

    つまり一人あたり  約 672万円もかかるのです。

     

    患者負担をへらすためにひと月の上限を最大2万円にするらしい。患者さんの負担金の総額は10万円以下で、残りの665万円くらいは国が負担するというもの。

    現在日本には30万人以上のC型肝炎患者がいると言われています。

     

    医療費縮小がさけばれるなか、C型肝炎の治療だけに数兆円の予算を使うことが本当に正しいことなのだろうかとおもってしまいます。

    C型肝炎の患者さんには、ありがたいことでしょうけど、それ以外にも高額の医療費のかかる大変な病気でこまっているひとが山ほどいるのに・・・・。

    医療費配分の不公平さは、たんなる政治力の差ということだけでなく、なにやら大人の事情がからんでいそうで・・・・・・。

    つづく

  2. 日本で歯科医師という職業の人気が、諸外国に対して低いのはなぜでしょうか?

     

    誤解があってはいけないのですが、「歯医者にならなければよかった!」といっている先生は、少なくとも私のしっているなかでは一人もいません。私も今のしごとにつけて本当によかったと思っています。一般の方がおもっているよりはるかに奥深く、アカデミックな内容なんですね。

     

    人気格差の原因・・・それは  日本が世界に誇るという『国民皆保険制度』 なんです。

    歯科治療で4000円もかかると、「高けーー、あそこの歯医者!」なんて言われてしまうことがあるのですが、これね、世界的な標準価格でいうと格安なんです。

    歯科治療の報酬は、アメリカと比較すると 1/10~1/20

    (奥歯の神経の治療でいうと、日本が約8000円 アメリカだと15万から20万円)

    フィリピンやシンガポールと比較しても 1/7~1/15

    程度の値段です。

     

    差額を歯科医師がうけとれるわけではありません。

     

    お国が定めた料金設定が、ありえないレベルで低いわけです。

     

    日本の保険システムだと、

    どれだけ時間をかけ丁寧にして、最高の治療をしても、

    適当に治療しても報酬は同じなんです。治っても治らなくても点数は同じ。

    高い材料や、いい機械をつかっても報酬は同じ

    技工士さんに頼む技工料金は上手な方だと高くなるのですが、

    上手で高い技工士さんに作ってもらっても、下手で安い技工士さんにつくってもらっても歯科医院の報酬は同じ。

    経営のことを考えると、真面目にやっている先生ほどバカをみるわけですね。

     

    安く治療をうけれる保険システムをそりゃあすばらしいですよ。

    診断や、注射、投薬をメインとした医療であれば、医師の診断が適切であればそれほど差がでるものではありません。

    (たとえばA医院と B医院で 内服薬がでたとして、薬が同じならば結果に違いはでないという意味)

     

    しかし歯科というのは、歯科医師がどれだけ丁寧にやるか、いい材料を使うか、歯科技工士さんや衛生士さんの腕の違い、などなど同じ値段でものすごく差がでるものなのです。

    安い値段で最高の結果になればそりゃあいいですよ。

     

    つづく

     

     

     

     

  3. 全国の歯科医師がいいたいこときっとたくさんあるんですよねぇ。私もこの職業の悪口報道ばかりで、もうほんとウンザリなんです。

    歯科医師がテレビやネットで話題になるのは、

     

    歯科医師が犯罪をおかしたときや、

    歯科医師は今や儲からない職業だ!とか、

    インプラントなどの自費治療に関するトラブルや批判など

     

    ほとんどはイメージの悪いネガティブな話題ばかりです。

    それらの情報の半分位は、うそだったり、盛りすぎているものが多いです。

     

    なんでこうなってしまったのだろう?

     

    U.S NEWSで、2015年度のよいとされる職業ランキングが発表されました。職業の成長率 給与 求人率 ストレスレベル ワークライフバランスなどを考慮して決定しています。

    アメリカにおける良い職業第一位は『歯科医師』だったのです。すべての職業中ですよ。

    日本ではどうでしょう。2015年は子供のなりたい職業200位以内にさえはいっていません。進路指導の先生も「やめたほうがいいよ」なんていうんですって。

    日本では医師は人気がありすばらしい職業だと世間一般から思われていますが、歯科医師はなにか随分と格下あつかいになっています。(昭和40年代 50年代のお医者さんは、「歯医者 眼医者が医者ならば、蝶蝶、トンボも鳥のうち」なんていっていたんですって。生死と遠い科目は格下といってたらしいです。汗)

     

    医師>歯科医師という考え方は、世界的には必ずしも一般的ではなく、歯科医師のほうが人気の国もたくさんあります。

     

    なのになんでこうも叩かれるのかねえ・・・。いいたいこと山盛り。つづく

  4. フッ化物(フッ素というふうによく言われますが、公的機関では最近はフッ化物という呼び方になっている)がむし歯予防にいいということはみなさん聞いたことがありますね。

     

    私の息子は、はじめて歯がはえた6ヶ月からほぼ毎日塗布しています。

    海外では塩などの食品や、水道水に初めからいれてある国も多いです。これをフロリデーションといいます。

    歯磨き粉のフッ化物最大量も日本の何倍も多い。

     

    つまり、お金持ちであろうが、歯科にかかれない貧困層であろうが、等しくそしてもっとも効果的にむし歯を予防できるのです。

    しかし、日本ではこういうことが昔から極度に反対されています。信頼のおけないような、あたかもフッ化物が毒であるかのようなデータをもってきて、フッ化物の使用を反対する方たちが今だにいらっしゃいます。むし歯を減らそうとがんばっている私たちとしては本当に残念ですけど。

     

    なんどもいいますけど、きちんとした使い方をすれば本当にいいものだと私は思っています。だからうちにいらっしゃる患者さんには、変な噂とか聞き流してもらってしっかりフッ化物予防したほうがいいですよ!って言っています(笑)

    さて、来年の2月,恒例の歯っぴーフェスタがイオンで行われます。

     

    で、なにか新しい試みができないか考え中。

    IMG_0737[1]

    一つの卵に9000ppmのフッ化物を塗布し、もう一つはそのまま。

    これを穀物酢にたった10分ほどつけておきます。

    左の方がフッ素塗布したもの。

    白い斑のものがフッ素です。

    IMG_0734[1]

     

     

    するとどうでしょう。

    なにもつけていない方はすぐに泡がたち始めて・・・・、表面が一層溶けてしまいました。色もまるで白い卵のように変化。

     

    フッ化物のほうは、ほぼ変化なし。

    IMG_0736[1]

     

    この結果をみてどう思いますか?変な噂を気にして、子供をむし歯だらけにするか、むし歯を一本もない状態で大人にしてあげるか・・・・・。

     

     

     

     

     

  5. 仕事中、歯科の業者さんが来た時に、毎回私が聞くこと。

    「今日の金とか、金パラ(金銀パラジウム合金)の値段は、いくら?」

     

    患者さんは「この先生金に投資して儲けているのかな?」なんて勘違いするかもしれません。

     

    皆さんが口にいれている銀歯というのは、金や銀、パラジウムを混ぜたものなんですね。

    金相場によって毎日、材料費が変動するのです。大トロと同じ、時価というやつ。

     

    しかし、どんなに材料価格が変動しようとも、患者さんからいただくお金は、半年間は変わらないのです。

    材料価格が1000円の日でも3000円の日でも同じ価格。

    だから安い相場の時にたくさん買っておくべきなのですが、高額なのでそうそうたくさんは買えません。

     

    だから金相場は歯科医師にとって敏感にならざるを得ないのです。

     

    話は変わりますが、最近の私のブームは、夜子供を寝かしつけたあと、リビングでヘッドホンをつけ、dvdの映画を観ることです。

    それもちょっと前のヒット作でまだ観てなかったものをチョイスします。

     

    で最近みて、考えさせられた映画。10年くらい前のディカプリオ主演の『ブラッド ダイヤモンド』

    aadghfhfiyfcgc

    2015年今だにアフリカやイスラム過激派などが、少年を誘拐し、洗脳して親でさえ躊躇せず殺せる兵器にしているというのをよく耳にしますね。

     

    この映画は、息子を連れ去られた父親が、ダイヤモンドの採掘場で働かされ100カラット以上のピンクダイヤをみつけ隠し持ったことからいろいろなトラブルに巻き込まれます。

    ディカプリオは不法に採掘されたダイヤを裏ルートで裁き金儲けをする役。

     

    映画としては本当にハラハラドキドキですばらしい内容。

    でもそれ以上に考えさせられることがたくさんあります。

     

    アフリカというのは昔から、新しい金儲けの資源が発掘されるごとに、先進国の標的にされ被害を受けているのです。

    象牙や金、ダイヤモンド、毛皮など・・・。

     

    日本人は結婚するときに給料の3ヶ月分ということで多くのひとがダイヤモンドの指輪を贈ります。

    オーストリッチやクロコダイルの高級バッグが好まれるし、金にいたっては、投資だけでなく電化製品にも使われます。

     

    問題はそれがどこからきた材料なのか?ということ。

     

    ダイヤモンドや金は、それを1つ得るためにどれだけのアフリカのひとが殺害されたか?

    どれだけ自然破壊がおこなわれたか?

     

    今現在も、それを得るために、奴隷のように働かされたり、殺されたりしている人たちがいるかもしれないということです。

     

    この映画をみると、ダイヤモンドを持つことに嫌悪感を感じてしまうひとがいるかもしれません。

    でもダイヤだけでなく、ルビーでもサファイヤでも同じこと。そして金も。

    ダイヤ、金、至上主義にたいする嫌悪感。

     

    でも私たち歯科医は、金もダイヤも手放せないのです。

    上記したように、金は歯科治療に必要不可欠ですし、(最近は他にもいいものがあるが・・・)

    歯を削るドリルの先っぽはダイヤモンドなんです。

     

    私たち日本人にとって、それがどこからきたダイヤなのか、金なのか、どうやってとった象牙なのか、毛皮なのかまったく知りません。

    ふだん使っている紙にどれだけの自然が破壊されているのかもしりません。

     

    この映画のことがしばらく胸につっかえたままになりそうです。

     

     

     

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。