院長のブログ

記事一覧

  1. 保険治療というのは、法のもとの決まりごとですから、きちんとルールにしたがわないといけません。

    しかし、いい治療をしたかとか、丁寧にやったか、治ったか?ということに関しての評価は実はないのです。

     

    つまり、治療費が1000円のものを、抵当にやっても、真面目にこだわってやっても1000円は1000円。

    やったことに対する価格評価があまりにひくいので、丁寧にやりすぎると確実に赤字になるのが今の日本の歯科医療なのです。

     

    寿司屋で例えます。(なんで寿司屋に例えんねん・・・ってつっこまれそう。笑)

    保険がきかない最高級の歯科治療を 銀座の高級寿司(1人単価3万円~5万円)だとします。

    どうしようもない最低の歯科治療を 小学生が握った寿司だとします。

     

    保険の標準的な歯科治療を例えるならば、  ひと皿100円大衆回転寿司  (普通にたべる分にはそこそこおいしいし、やすい)

     

    昨今の日本の保険の歯科医療は、 寿司ネタの材料単価が10倍になったのに、お値段据え置きひと皿100円。

    それどころか、客の舌が肥えてきて(患者の歯科の知識の向上) ひと皿100でも大間の本マグロを提供しなくてはいけなくなった。

     

    まわりくどい例えですねぇ。

    つまり、数十年前から診療報酬はほとんどかわらないのに、原価率が100%を超えるような治療で、かつ、かつての数倍、数十倍の手間暇をかけなければいけない状況にあるのです。これうそみたいなホントの話。

     

    寿司屋で儲かろうとするならば、方向性は2つだと私個人は思うんですよね。(寿司は素人なのでまちがっていたらごめんなさい)

    ①客席少数で客単価をかなりあげて、超ハイレベルのお寿司を提供すること

    ②たとえ機械や学生バイトくんが寿司握っていても値段をやすくして、そこそこおいしいという大衆回転寿司

     

    値段は5000~8000円なのに味はそこそこ・・・という中途半端なのが経営的には一番難しいんじゃないかなぁ。

     

     

     

     

    このままだと、将来的には、歯科医療のシステムが崩壊し、二極化するのではないか?とある業界関係者はいいます。

    つまり

     

    ①保険診療は一切やらず、すべて欧米並みの価格で、1日に数人しか患者さんを治療しない。1人にかける診療時間は90分~120分で質のかなりたかい治療をやっていく医院(都会はこういう医院が増えてますね)

     

    ②保険内でそれなりの治療をして、ひとりあたりの時間をすくなくし、数多くできるだけ患者さんをみて、材料などの経費を削減し利益をあげる医院

    だそうです。

     

    歯科医院の経営でもっとも厳しいのは、健康保険内で治療をするんだけど、かなりこだわっていい治療しようとする歯科医院なのですね。これではいくら多くの患者さんがきていただいても、来れば来るほど赤字になるのです。

     

     

    しかしながら保険治療だからといって、手をぬいて適当にするわけにはいきません。

    そういうジレンマがあって、ほんと歯科医院経営が大変になっているのです

     

    つづく

     

     

     

     

     

  2. スタッフが気を使ってくれて、バレンタインのチョコレートと仕事のやる気がでそうな おパンツをいただきました。

    本来なら満面の笑みで履いたところを写真撮って、「安心してください!!!・・・・」のポーズをするところですが、

    おじいちゃんのプヨプヨの体なのでやめときます(笑)

    IMG_1135[1] IMG_1134[1]

    みんなありがとう。優しいスタッフに感謝。

  3. 毎週のように、『歯科は儲からない!』っていうネガティブキャンペーンがネットや雑誌で報道されています。

    一般の方はそんなに歯科の儲かる儲からないっていう話に興味があるんですかね?

     

    もう毎週のように「歯科がコンビニより多い!儲からない!」なんていうネタばかりでうんざり。

     

    たしかに昭和40年代 50年代、歯科医院は患者であふれ、どこの歯科医師もいい生活をしていたと聞きます。

     

    マスコミ報道では、昨今の歯科事情をこう話します。

    「歯科は増えすぎてコンビニよりおおく乱立しているのに、むし歯が減り患者が減ったために競争が激しくなり、もうからなくなった!どんどん潰れている」と言います。

    昔の歯科は、朝5時ごろから患者さんが並び、さらに待ち時間も長く、歯科医1人の医院で80名とか100名診療していたそうですが、そんなころにもどれば歯科は潤うのでしょうか?

    これね、本当の原因は違うんです。本当のことを的確にいってるものを私は見たことがありません。

    増えすぎたことが原因なら、人口対比で日本の倍の数があるアメリカの歯科は崩壊しているはずです。

     

    では本当の理由はなにか!

     

    歯科の保険治療の価格は、大昔とほとんどかわっていないのです。こんなに価格が変わらないのは歯科以外だと物価の優等生である『卵』くらいですよ。

    昔の歯科医院の治療は、今では考えられないほど、雑な治療でした。法律もあいまいだったので、歯科医でないスタッフが治療することもあったようです。100人患者さんを1人の歯科医師でみようとおもったら、患者さんのチェア時間は最大でも20分くらいにしないといけません。

    20分で何ができるというのでしょうか。

    今はインフォームドコンセント(説明と同意)が当たり前ですが、20分では説明なんかしている暇はないでしょう。

    私が子供の頃いった歯科医院は

    麻酔効いてないのに削るから痛いんだけど、先生が怖いし麻酔たす時間がもったいないから我慢しなければいけませんでした。

    私の家族は、説明も受けずに大人の歯を抜かれたりしたことも。

    説明なんて基本なし。

    痛くてもちょっとくらい我慢してもらわないと、100人なんてみれないでしょ、って。

     

    いまではありえないようなひどい治療であっても、患者さんの歯科知識レベルも低かったし、歯科医院も少なかったので患者さんが洪水のようにやってきたといいます。

     

    とにかく歯科医院の数が少なかったので、歯科医師側は上から目線。質問しようなら逆ギレされたり。

     

    むし歯が減ったから・・・・なんていいますが、なぜ減ったかというと、歯科の先輩方がへるように努力したからなんです。

    へるような広報活動したり、フッ化物(フッ素)を普及させたりで。

    私個人はむし歯の治療はあまり好きじゃないので、どんどん減ればいいと思っています。

    むし歯治療以外にやることいっぱいあるので、そっちに時間使いたいですもの。

     

    むし歯は40~50年前からすると、激減しています。しかしながら歯周病はぜんぜん減っていません。歯周病は日本人の国民病とまで言われ、日本人の成人の80%が歯周病だとも言われています。

     

    この数字ほかの先進国ではありえない数字なのです。

    欧米のひとはいうのです、日本人は口臭がひどいって。

    むし歯がかりにこの世からきえても歯科医師のやらなければいけない仕事はわんさかあるのです。

    そもそも保険でやるむし歯治療って、ほんと儲からない仕事なんです。

    真面目に一生懸命治療にとりくむ歯科医院ほど、やればやるほど赤字になっていくのが『保険のむし歯治療』っていうのをマスコミの皆さんや一般の方はご存知ないんですよね。

     

    つづく

     

     

     

     

  4. AASQASWER

     

     

    清原さん(私たちの世代にとっては、偉大な人なので 呼び捨てにはなかなかできない)が逮捕されましたね。

    本当に残念です。彼との共通点といえば、ほぼ同じ年齢ということと、男の子の親ということくらいなんですが。

     

    私、最近よく嫌な夢を見るんです。

    サスペンス映画をみたあとなんかはとくに悪夢にうなされます。

    私が犯罪者になる夢。

    誰かを殺してしまうとか、

    息子や、甥っ子を抱っこしていて手が滑って、高いところからおっことしてしまうとか、

    車で人をひいてしまうとか・・・・・・。

     

    そして、息子や嫁、親兄弟の人生をめちゃくちゃにしてしまって「どうしよう、どうしよう?」と悩む夢です。

    まもるものが増えれば増えるほど、ちゃんとした生き方をしないといけないとおもって毎日を生きています。

     

    自分の家族より大切なものってこの世にないですからねぇ。

    もし、私が何らかのことで警察のご厄介になることがあるとすれば、自動車運転での事故だとおもっています。

    毎日運転していますが、こどもの飛び出しとか、マナーの悪い自転車など、ひやっとすることが時々あります。

    だから、交通ルールもまもり事故をしないように気をつけています。

     

    昨日も60代の方が薬局に車で突っ込んで、死者がでていましたね。

    まあ、まだアクセルとブレーキをまちがう年齢ではないですが、交通事故は加害者としても被害者としてもほんと明日は我が身。

    「明日は我が身」という言葉が、小坂家のきまり文句のようになっています。

     

    先日『ファイナルゲーム』というDVDをみました。

    ワールドカップで優勝したサッカーチームの選手たちの乗った飛行機がついらくして、無人島でサバイバル生活をするという内容。

    水や食料がなくなっていくにつれて、人格がかわり、人格者までが人をころしてしまうのです。この日の夜の夢も怖かったぁ。

     

    勿論今の私が、犯罪にかかわるようなことはするつもりはありませんが、人間は環境によって激変してしまうのです。

    窃盗をしたり、人殺しをしたり・・・。そのよい例が戦争ですね。

     

    家族にはずかしくない生き方

     

    そういう意味で清原さんが、息子さんの話をするときに涙ながらに語り、

    あいたくてもあえない寂しさが伝わり、「がんばれよ!清原!」って応援してたんですけどね。

     

    同じ男の子の親として 本当に残念・・・・。

     

    追記:よく考えてみたら、清原さんが、所属していたチームのキャンプ地って、全部宮崎なんですよね。

     

     

     

  5. 日曜日に熊本で講演会があったのでスタッフの萩原 鵜川の3人で行ってきました。

    IMG_1089[1]

     

     

    こういう歯科医師会の主催の講演会って人がすくないこともあるのですが、昨日は400名超えの超満員

    IMG_1090[1]

    座れただけでラッキーでした。

    基本セミナー関係では絶対に聞き逃さないよう全神経を集中しているので、おわるとグターーっとなります。

    が、帰りは高速でスタッフの安全を気にしながら3時間の運転ですからまあ、老体にはこたえますねぇ。

     

    昨日の話は、

    糖尿病と歯科医療の話、

    歯科で偶然わかる前ガン病変や、全身疾患

    北欧式の歯周病の治療の進め方とメインテナンス

     

    などでした。

    IMG_1085[1]

    考え方のちがう治療のアプローチですごく面白かったです。

    その内容はまたそのうち書きますね。

     

    ・・・でスタッフの休日に勉強してもらうのに、楽しみも不可欠

    ということで、前日から熊本いりし、食事会と飲み会。

     

    食事はいつもいく海鮮とおでんの店『瓢六』

    おじさんたちで満員です。辛子蓮根はなんどか食べたことがありましたが、いままでで一番美味しかったかな。あたたかい辛子蓮根って、宮崎人にはあまり縁がないですもの。

     

    2次会は、はじめてのお店。マジックバー。はい、カラオケが苦手な私はこういう座ってるだけでももりあがる店が好きなのです(笑)

    3人のマジシャンが交互に見せてくれるのですが、3人でキャーキャー言いっぱなし。

     

    ぜんぜんタネがわからないんです。いやー、この店、熊本のローテ入りです。

     

    ・・・でもう1箇所

    地元で有名な観光客の多いお店

    『キャサリンズバー』

     

    スザンヌのお母さん(キャサリン)と妹さん(マーガレット)のやっている立ち飲みバーですね。

    この日もお客さんで満員。

    スタッフと普段できないような恋バナとか、趣味の話とかいろいろできて楽しかったです。

     

    IMG_1084[1]

     

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。