院長のブログ

記事一覧

  1. 歯科の報道はその多くがうそだったり、盛りすぎていたりしてまともにされることが少ないです。

    そんななかけっこうまともな事をいっているのがありました。

     

    http://healthpress.jp/2016/02/post-2230.html

     

     

    年収に関しては、卒後3年以下の修行時代や、

    70歳をすぎても現役で、1日に診療する患者の数が5名以下の診療所も多いですから、そういう場合は少なくなりますね。

     

    前もいいましたが、このままいくと、日本の歯科医療は完全に崩壊していくのです。まともな治療うけたければ、自費診療でしかできません、保険治療ではできません!っていう歯科医院がどんどんふえているわけです。

    正直わたしだって、心のなかではやればやるほど赤字になる治療なんてやりたくないと思っています。

    ほかの歯科医師だってきっとみんなそう。

     

    いち医療人としての倫理観、親切心、それだけでやっているんです。

     

    昔みたいな治療でよければ、はっきり言えば数こなして儲かるんですけど。

     

    保険診療の価格設定が低すぎることは、結局みなさん、患者さんが不利益になるのです。口の中が崩壊し、更には糖尿病が悪化したり、肺炎や心筋梗塞の悪化のいち要因になるといった、全身的な健康被害に関係していくのです。

     

    昨今の「歯医者が増えすぎたのにむし歯が減っていて患者が減ってもうからない!」っていうくだらない報道を注視するのではなく、

    「このままいったら自分たち(患者)は、お金持ちじゃないと歯がボロボロになってしまう」ということをかんがえる必要があります。

     

    それでもいいのでしょうか?

     

    ※ちなみに医科の治療は、どんどん保険適用になり、歯科からするとかなりたかい価格設定になっていますし、かつて問題になった3分診療(医師に話を聞いてもらい、3分で診断をして次の患者さんにかわるというもの)も、診療科目によっては可能だったわけです。歯科は何やっても最低30分はかかりますから、3分だとあいさつしかできませんね。

     

     

     

     

  2.  

    私、SNSはあまり深入りしないようにしています。

    フェイスブックも「いいね!」はあえてしておりません。

    そんななか、唯一フォロワーになっているのが、ガガ様

     

    自分からフォロワーになったつもりはなかったんですが、SNSはじめたばかりのころ色々クリックしていたら、いつのまにか・・・。

     

    でもまあ面白いからいっか!って。

    AAHJYFYFIY

    ガガ様、ときどき歯科にいったのをアップされております。

    The dentist is so weirdですって。いやいやこの絵のほうが・・・・。

     

     

     

     

     

     

    AAVHFUTD

  3. AASEFHJKM

     

    予定のない休日前日は。時々レイトショーをみに行きます。

    今回は弟とおっさん2人で(笑)

     

    この映画は私たち世代の人間にとっては伝説の映画「ハートブルー」のリメイクです。キアヌリーブスとパトリックスェイジですね。

    続編が噂されていたんですが、パトリックスウェイジが亡くなったために頓挫していたようです。

     

     

     

    AASWQADH

    原題は「Point Break」

     

    旧も新も原題は同じなのに、日本名はなぜか「ハートブルー」と「Xミッション」

    XはXスポーツ(エクストリームスポーツ)のXですね。「ポイントブレイク」ってつけてもよかった気がしますが。

     

    旧作がかなり『COOL!!!』な映画でしたから、絶対に映画館でみたかったんです。

    見ていない人のために大まかにストーリーをいうと、

    エクストリームスポーツにたけた人たちが、犯罪をおかしていくのですがそこに潜入捜査するFBIと犯罪者との間に生まれる友情と、葛藤を描いた作品。

     

    新作は、アクションシーンはCGはほとんどなく、ほとんどガチンコでその道のプロが技を披露してくれます。

    観終わったあと、ネットで感想をみてみました。

    そしたら、私が、弟に言った感想とほぼ同じ。

     

     

    アクションがすごい

    CGみたい

    映像が綺麗

     

     

    でも

    ストーリーが単純で雑すぎ

    設定に無理がありすぎ

    とにかくエンドロールがながすぎ。普通の3倍くらい(私、基本的にエンドロールまで見て帰る派)

     

    ・・・と私と全くおなじ意見ばかり。

    この映画たぶん今年ある映画の中で「最高!」評価と 「最低」評価が真っ二つにわかれる度 第一位になると思う

     

    サーフィンやスノボなど、エクストリームスポーツを少しでもやったことある人は最高!と評価するでしょうが

    ただのアクション映画好きや、一般女性などにはウケが悪いと思います。

    (ちなみにスノボのコクボくんは最高だといっておりました)

     

    これは、たとえばドキュメンタリーとか、プロモーション的にBARでながしたりするといいと思います。

    野球やサッカーって、どれか一つにしぼって打ち込むことが多いですよね。

     

    でもXスポーツって、ひとくくりにして、いろいろやる人が多い気がします。

     

    サーフィンもやるけど、スノボもすき、スケボーもやるし、モトクロスも好き。機会があったらスカイダイビングも興味がある・・・なんて人が多いんじゃないですかね。それはX系には、ある共通点があるからじゃないでしょうか?

     

    『SOUL』

    『地球、自然にたいする崇拝』

    『波、風、天気、温度などいつも違った環境を楽しむ』

    『ある意味、体のどこかの配線がきれていないと極められないスポーツ(命懸け)』

    『音楽に対しても、独特の世界観』

    そして

    『ちょっと不良のスポーツ』    ・・・・ごめんなさい。いい意味です。

     

    スリルを楽しむのもX系の醍醐味なんでしょうね。きっと

     

    まあ映画の感想にもどると、ストーリーは旧作の圧勝(前作のストーリーで、新作のアクションだったら完璧でした)

    X系が好きでガチンコの映像に興味があるかたはぜひ見てください。

     

    ドキュメンタリーをみる感覚で、ぜひ映画館でどうぞ。

     

     

  4. 保険治療というのは、法のもとの決まりごとですから、きちんとルールにしたがわないといけません。

    しかし、いい治療をしたかとか、丁寧にやったか、治ったか?ということに関しての評価は実はないのです。

     

    つまり、治療費が1000円のものを、抵当にやっても、真面目にこだわってやっても1000円は1000円。

    やったことに対する価格評価があまりにひくいので、丁寧にやりすぎると確実に赤字になるのが今の日本の歯科医療なのです。

     

    寿司屋で例えます。(なんで寿司屋に例えんねん・・・ってつっこまれそう。笑)

    保険がきかない最高級の歯科治療を 銀座の高級寿司(1人単価3万円~5万円)だとします。

    どうしようもない最低の歯科治療を 小学生が握った寿司だとします。

     

    保険の標準的な歯科治療を例えるならば、  ひと皿100円大衆回転寿司  (普通にたべる分にはそこそこおいしいし、やすい)

     

    昨今の日本の保険の歯科医療は、 寿司ネタの材料単価が10倍になったのに、お値段据え置きひと皿100円。

    それどころか、客の舌が肥えてきて(患者の歯科の知識の向上) ひと皿100でも大間の本マグロを提供しなくてはいけなくなった。

     

    まわりくどい例えですねぇ。

    つまり、数十年前から診療報酬はほとんどかわらないのに、原価率が100%を超えるような治療で、かつ、かつての数倍、数十倍の手間暇をかけなければいけない状況にあるのです。これうそみたいなホントの話。

     

    寿司屋で儲かろうとするならば、方向性は2つだと私個人は思うんですよね。(寿司は素人なのでまちがっていたらごめんなさい)

    ①客席少数で客単価をかなりあげて、超ハイレベルのお寿司を提供すること

    ②たとえ機械や学生バイトくんが寿司握っていても値段をやすくして、そこそこおいしいという大衆回転寿司

     

    値段は5000~8000円なのに味はそこそこ・・・という中途半端なのが経営的には一番難しいんじゃないかなぁ。

     

     

     

     

    このままだと、将来的には、歯科医療のシステムが崩壊し、二極化するのではないか?とある業界関係者はいいます。

    つまり

     

    ①保険診療は一切やらず、すべて欧米並みの価格で、1日に数人しか患者さんを治療しない。1人にかける診療時間は90分~120分で質のかなりたかい治療をやっていく医院(都会はこういう医院が増えてますね)

     

    ②保険内でそれなりの治療をして、ひとりあたりの時間をすくなくし、数多くできるだけ患者さんをみて、材料などの経費を削減し利益をあげる医院

    だそうです。

     

    歯科医院の経営でもっとも厳しいのは、健康保険内で治療をするんだけど、かなりこだわっていい治療しようとする歯科医院なのですね。これではいくら多くの患者さんがきていただいても、来れば来るほど赤字になるのです。

     

     

    しかしながら保険治療だからといって、手をぬいて適当にするわけにはいきません。

    そういうジレンマがあって、ほんと歯科医院経営が大変になっているのです

     

    つづく

     

     

     

     

     

  5. スタッフが気を使ってくれて、バレンタインのチョコレートと仕事のやる気がでそうな おパンツをいただきました。

    本来なら満面の笑みで履いたところを写真撮って、「安心してください!!!・・・・」のポーズをするところですが、

    おじいちゃんのプヨプヨの体なのでやめときます(笑)

    IMG_1135[1] IMG_1134[1]

    みんなありがとう。優しいスタッフに感謝。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。