院長のブログ

記事一覧

  1. 日本の大学をストレートで卒業しようとおもったら

    医学部6年

    歯学部6年

    薬学部6年

     

    かかります。医療関係って 浪人 留年 国家試験浪人などストレートでない人はめずらしくありません。

     

    私の個人の考えでは、たんに国家試験だけとおればいいのであれば、医科も歯科も薬学も4年あれば十分だと思っています。

    げんに薬学は最近まで4年生でしたし、海外のメディカルスクールは4年の国もありますから。(アメリカは確か、普通の大学4年でたあと、4年の医学校にいくんだったけ)

     

    ものすごく頭のいい、難関大学にするっとはいれるような天才高校生なら、6年学校にいかなくても1年くらい国家試験勉強すれば、合格するひとがいるかもしれません。

     

    私は歯科のことしかしりませんが、歯学部の1、2年の授業ってなくても学問的にはそんなに影響ないと思うんです。

    もはやつかわないドイツ語の授業や、数学、体育とか英語など、ほぼ一般教養。

     

    唯一、2年のころの解剖(体全部やります)くらい。

    つまり内容としては4年もあれば充分だと思うんです。

     

    しかも大学でならったことや、国家試験で勉強したことは、実際の現場にはそぐわないものだったり、間違いのこともたくさんあります。

     

    ただ医療系の人間がそれほど長い期間大学にいかなければならない本当の理由とは

     

    「医療人になるための意識改革、動機づけ、倫理観の確立のため」ではないかと、私は思うのです。

    1年や2年の教育課程で、いつも授業で寝ていたような人間が、卒業することろになると、医療人の目になっていくのです。

     

    最近、歯科医師の犯罪や、犯罪を犯した家族が歯科医師だったなどという事件が多発しました。

    ドラッグ関係の事件もありました。

     

    医者でも歯医者でも、薬剤師でもその気になったら簡単に人を殺せてしまう武器をもって仕事をしています。

    私も週になんどもメスをにぎり口の中を切開したりしています。

    切っているすぐそばに、命にかかわるような血管があったり、麻痺してしまうような神経もあります。

     

    麻酔薬だってそう。年に一体何千本うっているやら。

     

    そんな職業の人間が薬物をやっていたらどうなるでしょうか。

     

    治療中に幻覚がみえて、患者さんの目玉にメスや注射針をさしたくなるかもしれません。

    今や歯科の世界は、1ミリ以下の部分にこだわりを求めなければいけないようになっています。

    そういう治療をやるとき、ある時は息をとめ、瞬きをとめて集中するのです。

     

    そんな細かいことを、精神がおかしくなっている人間ができるはずがないと思うのです。

     

    「なぜあなたは覚せい剤や 大麻、危険ドラッグをしないのか?」ときかれたら何とこたえるでしょうか?

     

    違法だから?

    体に悪いから?

     

    私がしたことも、するつもりも一切ないのは、違法だからではありません。

    オランダでは大麻が合法でしたっけ?

    カナダで、もうすぐ合法化されるのはマリファナでした???

    合法の国で日本人が使うのはたぶん問題ないんですよね。

     

    かつての日本でも「ヒロポン」という名前の覚せい剤が、合法で普通に街でうられていたといいます。

     

    いや、私がそういうものに接しないのは違法だからではないのですよ。

    煙草を私がすわないし、人生で1度も吸ったことがないのも同じこと。(私の世代の男性で一度も吸ったことがないなんて、もはや希少生物レベル)

     

    煙草でさえすわない人間が、ドラッグからいきなりはいろうとはしないとおもうんですよ。

     

    まあまあ、煙草とドラッグを一緒にしてしまうと、怒られそうですが。

     

    大麻を日本で合法化しよう!という政治活動も今回の参院選であるようですが、万が一日本で合法化されたとしても、私自身は・・・・・。

    (選挙期間中なので、なかなか書きにくいですが)

     

    絶対にわすれてはいけない倫理観を忘れ、医療関係者、とくに歯科関係者や、歯科関係者の家族の禁止薬物が騒動になることは、本当に残念なことですね。

     

     

     

  2. この業界、狭い世界で、知り合いの知り合いという感じでたどっていくと、大概その人の知り合いという先生につながります。

    たとえば、自分は直接しらない先生とコンタクトとりたかったら3~4人の先生を仲介すればつながっていきます。

     

    歯科医って横のつながりがけっこうあって、セミナーや飲み会でいろんな先生とつどう機会が多く、情報交換も密だからです。

     

    これは医科ではそう簡単にはいきませんね。医科の先生って診療科目が違うと、セミナーや学会もちがいます。

    昨今ではより細分化された診療科目になったため、専門科目いがいの治療は普通はしません。

    歯科の場合、とくに一般歯科医は、外科も小児も矯正もインプラントも全部するという歯科医は結構多いんです。

     

    ちなみにうちの親戚(随分前に亡くなった)は、産婦人科医でしたが、開業していた場所がド田舎だったため、

    産婦人科 内科 外科 皮膚科 小児科 放射線科という診療項目を看板にあげひとりでやっていました。

     

    島などの診療はいまでもそういう「なんでも科」的なことをしなければいけなくなります。

     

     

    さて、↑で歯科はつながりが広いといいました。

    だから歯科医がニュースにでるようなことがあったり、芸能活動するとすぐ同業者の話題になります。

     

    ・・・で何かあると、(例えば犯罪とか・・・)

    かならず自分の周囲の歯科医が「あっ、その先生しってるよ!」

    その先生、学生時代はこうだったよ!」とか、

    「セミナーの懇親会でこうだったよ!」なんてすぐ話題になります。

     

    いまのところ私は犯罪をおかす予定はないのですが(笑)、なんかあったらすぐネットで晒し者になるんでしょうねぇ。

     

    交通事故だけはくれぐれも気をつけるよう自分にいいきかせています。

     

     

     

  3. 歯と口の健康週間ですよ!

    この時期メディアでは歯科の話題が豊富になり、

    各地で歯科のイベントも増えていきます。

    で、恒例の幼稚園の歯科検診

     

    むし歯は私の子どものころと比較すると激減しています。

    親の意識の向上と、フッ化物(フッ素)の普及のおかげかな。

     

    内科や小児科のDRが自分の子どもが、かぜやインフルエンザにいっさいかからないように予防するのは不可能です。

    でも歯科医は自分の子どもが一切むし歯にならないようにすることは可能です。

     

    つまり小さい子のむし歯は親次第!とうことですね。

    (もちろん、仕上げ磨きをさせてくれるような年齢までで、思春期以降は歯科医の子どももむし歯ゼロにするのは難しい)

     

    歯科医院スタッフの子どももむし歯率はぐーーーんと減ります。おこさんがむし歯にならないように注意してあげてくださいね。

    幼稚園の健診↓

    IMG_1482[1]

     

     

     

    歯と口の健康フェスティバル2016↓

    公衆衛生委員会が企画運営するイベント。宮交シティにて

     

     

    今年の新企画は、むし歯になりにくく、体にいいおやつの試食とクッキング講座。

     

    簡単にできて体によくておいしいお菓子。こんなのをおこさんのおやつにしてあげたほうがいいですよ。

    好評でした。

     

    大人気宮崎ゆるきゃら みやざき犬のダンスコーナー

    ここで大きなハプニング。

    ダンスの音楽がならない。

    音響係を兼任していた私は大観衆のまえで、大量のあせ。

    音がでるまでに10分以上かかってしまいました。みなさんごめんさなさーい

     

     

    最後に歯にまつわるクイズ大会。

    IMG_1485[1]

     

    またしても司会をやる羽目に・・・。。。

    本当はこういうの大の苦手なのに、やる宿命の私。この日の朝4時に目がさめたというノミの心臓の持ち主。

     

    「歯科医師会の歯科医が司会かい!」(しかいしかいのしかいがしかいかい!)←早口言葉

     

     

  4. 正直もうだめかなあと思っていましたが、なんと小2のお子さんが無事発見されたとのことで本当に良かったです。

    男の子の親として、他人事じゃないですもの。

    前回のブログでもふれましたが、あのお父さんきっと普段はよてもいいお父さんじゃないかと思うんです。

    雰囲気みていたらわかりますもん。

    愛情をそそいで育てていますっていってたけど、本当のそうだと思います。きっと。

     

    教育評論家と呼ばれる人が、テレビでお父さんのことを虐待だ!とか、ひどい親だとか言ってましたが、ちょっとそれは違うと思います。

    大変なことが起こってしまってそのこと自体と、おきざりにしてしまったことはせめられても仕方がないことです。

    でもテレビでいろいろなひとがお父さんを批判して最悪な父親像をつくりあげると、ゆくゆく一番困るのはお子さんだと思うんです。

    私は将来小学校の高学年や中学になり 同級生から「おまえの親ってひどいやつなんだろ!」とか、「おまえ捨てられたんだろ!」なんて言われやしないか心配です。そういうの子供のいじめってそんなもんでしょ。

    ある教育評論家は「これだけ探してみつからないなんて絶対おかしい。そもそもおきざりにしたかどうかもあやしい」なんて申しておりました。←これ暗に殺して捨てたんじゃないの?っていう意味であることは視聴者はわかります。

     

    ベッキーのような芸能人のゴシップ話とはちがい、こういう問題は発信力のある人が推測で簡単に発言するのはどうかと思うんですよ。

    明らかなる虐待行為で子供を保護しなきゃならない場合は別ですが。

    マツコさんが「私たちみたいな世代は、しつけとしてこういうことをするのを、ものすごく奇異なこととは思わないけど、今の時代だと虐待だっていわれるんでしょうねぇ」と言ってました。

    いや今回の事、確かに一時の衝動でまちがった行動をしたかもしれません。

    でもお子さんのためにも周囲は、彼のお父さんのことをあまり悪くいわずにみまもってあげてほしい。

     

    パパはたくさんハグしてあげてほしい。いや近所にすんでいたら私がこの子ハグしてあげたいくらいですよ。

     

    そして、少し落ち着いたら日ハムは、この子を始球式に招待してあげるといいのにね。

    今日帰ったら私も息子をたーくさんハグしてあげよう。

     

  5. 【サミット】

     

    サミット無事終わりましたね。

    そのあとオバマさん、広島訪問。

    私、そのニュースみてぼろぼろ泣いちゃいました。

    何に感動したか。

     

    かつての戦争でそれぞれの国が、「あやまれ!」「「謝罪しろ」なんてののしりあっていますが、

    世界一悲惨な武器をつかわれた日本人、そして実際に被ばくしたひとたちが

    「あやまってほしいとか、そういうことじゃない!広島にきてもらってその悲惨さを伝えてもらいたいのです」

    と涙ながらに語っていたことです。

     

    もちろんオバマさんに直接会う人は、へんなこという人間はえらばれないでしょうけど、事前調査でも70%以上の日本人が「あやまってほしいとはおもわない」と答えていました。

     

    もう、なんて日本人ってすごいんでしょ。こんな民族世界のどこ探しても見つかりませんよ。

    そんなことかんがえて感動し涙したのでした。

     

    まあでもはっきり言って戦争も、核も絶対になくならないことは大人ならみな知っています。

    ジョンレノンが『イマジン』を発表したころ、反戦運動をしており、その時は自分たち、民衆の力で戦争はなくせるのだ!と真剣に思っていたのだそうですが、のちにそれは理想論、机上の空論であり実際にはぜったい不可能なことだと悟ります。

    だれも言ってませんが、私の持論。

    確実に核兵器をゼロにできる方法がただひとつだけあります。

     

    何だとおもいますか?

     

     

    答えはただ一つ。

     

     

    核兵器より、はるかに破壊力があり、作り方、使用方法、コスト面を簡単にクリアできるスーパー兵器が開発されたときしかないんじゃないでしょうか?

     

    核はぜったいになくならないという皮肉ですけどね。

     

    銃撤廃できない国が、核をすてれるわけないって。

     

    【小2児童行方不明】

    子どもがいうことをきかないからしつけとして、山林で車からおろしたら、子供がいなくなった事件。

    もうほんと、同じ男の子をもつ親としてほんと気の毒。

    いや、親の気持ちもわからないでもないです。

    もちろん、息子にそんなことをしたことはないですが。

     

    日々、子育てで戦っています。

    ちいさい子供は大怪我するような危険なことしたり、お店や他人に迷惑をかけるようなことをしたり、もう本当に気がやすまる時間がないくらいですよね。ウチは一人だからまだしも、兄弟が何人もいたらもう大変です。

    うちだって、息子がお店の一か所から動こうとせず、駄々をこねたとき、「じゃあパパとママはもういくよ!」といって2~3歩あるくふりをします。そうすると、「いく!!」といっていうことを聞きます。

    そういう方法が子育てとしてはいけないことだとは思いますが、苦肉の策なのです。

     

    行方不明の子の親御さんもきっと、ほんのちょっとこらしめて言い聞かせようと思ったのではないでしょうか?

    こういう事態になったから周りからひどい親だとか、虐待だとかいわれますが、

    あまり親御さんの悪口をいわないでほしいな。

    元気でてきたあとも、親に対するネットの悪口は残りますからね。それで子どもがさらに傷ついたり、いじめの対象になってしまうかもしれませんから。

     

    元気で出てきてほしいですね。

     

    追記:昭和40年代生まれの私は、子供のころ、悪いことをすると、親父からおしりをたたかれるとか、夜中、木に縛りつけられるというようなことはしょっちゅうでした。だからこんなひねくれた性格になってしまいました。

     

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。