スタッフのブログ

子供ってどうしても歯磨きを嫌がりますよね。

でも歯の生えはじめ、乳歯のときからお口の清潔を保つことが成長とともに生え変わる大人の歯にとってもすごく大事です。

そこで今日はお子様への嫌がらない歯磨きの仕方をご紹介します。

参考になさってください。

 

最初に歯が生えてきたら?

ガーゼなどでやさしく汚れをふき取るか、小さく柔らかい歯ブラシでやさしく磨いてください。

1歳半~3歳

お口のなかは敏感ですので、たとえお母さんでもゴシゴシちから任せにやるのはいい気持ちではありません。

しかし嫌がるからといって磨かないのはよくありません。

歯磨きの習慣を身につけるためにも、楽しい雰囲気の中で、遊びの延長で要領よく磨くとよいでしょう。

3歳~6歳

子どもさんが成長するにつれ、歯磨きも自分でやりたがるようになります。

もちろん自分で歯磨きする習慣を身につけることは大事ですが、この時期はまだ手の機能が未発達で、子供は上手に磨けません。最後は保護者が仕上げ磨きをしてあげてくださいね。

 

お子様のお口の中をむし歯菌から守るためには、毎日の歯磨きもそうですが、フッ素ジェルなどの併用も有効です。

次回詳しくご紹介します。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。