スタッフのブログ

今日からお子様の歯を守るために大事な歯科知識をいくつか紹介していきたいと思います。

 

赤ちゃんの虫歯の原因は母親?!

むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口には存在しません。

赤ちゃんへのむし歯菌の感染は、母親からの口移しの食事、同じ箸やスプーンからだと言われています。

また、父親や兄弟、友達からもうつる場合もあります。

赤ちゃんと接する機会の多いお母さんや家族は、歯科医院でむし歯の治療や、自宅での歯磨きではできない(落としきれない汚れや着色の除去など)専門的な歯のクリーニングを定期的にしてもらい、むし歯菌を減らすよう心がけ、赤ちゃんへの口移しの食事など感染の危険があることははなるべく行わないようにしましょう。

 

指しゃぶりって歯に影響はないの?歯並びが悪そうなんだけど。。。

指しゃぶりは3歳までは自然な行動です。指しゃぶりによって前歯が出ることがありますが、止めると自然に治ります。4歳以上になっても続けていると、歯並びやかみ合わせに影響が出てきます。お子様の生活全体に気をくばりながら、4歳以降は指しゃぶりをやめれるように心がけましょう。

3歳までの歯並びやかみ合わせの異常は自然に治る場合もあります。

3歳~小学校の時期は、具体的な治療はもっと後になることも多いですが、定期的に経過をみていく必要があります。

歯並び、かみ合わせは健康に生きていくうえでとても重要なことです。

歯並びやかみ合わせが悪いと見た目もそうですが、見た目だけではなくさまざまな健康障害を引き起こしてしまうことが問題です。

お子様の歯並びで気になっている方は歯科医院へ相談してみてください。

 

次回もお子様の歯を守るために知っておきたいことを更新します!

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。