スタッフのブログ

 

こんにちは アクア歯科副院長の小坂(弟)です。

歯科医療も日々進歩していますが、私の趣味でもある釣り道具にも日々進化が見られます。

私は船に乗って釣るルアー(疑似餌)釣りが好きなのですが、歯が無くなった所に入れるインプラントと、ルアーの素材は実は

どちらも金属から出来ています。

 

 

ルアーの起源はウソか本当かはわかりませんが食器のスプーンと言われています。

yjimage6R2WUPZB

 

ある日、旅人が湖のほとりで食事をしていたら誤って、食器のスプーンを湖に落としてしまいました

o0640048012730386874

スプーンがユラユラ沈んで行くとスプーンめがけてなんとマスが襲い掛かったそうです

スプーンとキラキラ光る小魚を間違えて食べてしまったみたいですね!

fde15c196b3875017f1a7a68c1e3d707

スプーンと小魚を間違えちゃったお魚

これをヒントに作られたのが金属に針を付けたルアーの始まりと言われています

実際に スプーンというルアーが有るくらいです。

41EcJajrelL__SY300_

これがスプーンです

 

ちなみに多くは で出来ており、安価で加工しやすいなどの利点があるようです。

一応この話がルアーの起源といわれています。

 

 

 

ではインプラントの起源はというと…

 

チタンと骨の結合の発見

現在のインプラント治療の礎の発見は、偶然によるものでした。 1952年にスウェーデンの学者であるブローネマルク教授(1929年~)は、研究のため、ウサギの骨にチタン製器具を埋め込んだ実験を行っていました。研究終了後に埋め込んだ器具を取ろうとしたところ、

骨としっかりと結合し、取り出すことができませんでした。

implant_01

ブローネンマルク教授

 

 

これに気付いたブローネマルク教授は、この現象について研究を進め、骨とチタンが

アレルギー反応を起こす事無く結合する事を発見し、現在の医療に用いられるようになりました。

sub_01_img

 

ただ、チタンは軽く、加工しやすいのですが、インプラントで使用される純チタンは貴重で、研究費用も膨大なため、インプラント本体の販売価格は、かなり高価なのが現実です。

このように医療の世界では、日々思いもしないような治療法が生み出されているのです。

m_01

こんな物まで・・・(笑)

 

 

では釣りの世界ではどのような進歩がされているのでしょうか?

 

僕たちが使用するルアー(疑似餌)では最近、タングステンという金属が注目されてきました。

(普通は鉛とか木とかゴムとか使って作ります・・・)

 

タングステンは比重(つまり重さ)が他の金属よりも重く(金と類似)、とても硬いのが特徴です。(やはり高価!!)

そこで重い性質を利用して、鉛よりも早く海底に沈むルアーとしてタングステンルアーが開発されたのです。

04080937_5706fd5814bfa

タングステンルアー

 

 

僕もこのルアーで何匹も釣らせていただきました!(お魚にとっては迷惑なはなしですが・・・)

タイ

いっぱい釣ってごめんなさい(>_<)

o0480062913311442529

80cmのタイも釣れます!

 

 

インプラントもルアーも偶然から発見された物で、しかも金属から出来ているという共通点があったんですね!

 

 

結局、釣りもインプラントも材質は大切ですね~!!

 

 

もちろん腕はもっと重要ですけど( ̄◇ ̄;)

 

以上、インプラントと釣りのルアーの類似点??でした!

 

 

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました!

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。