お知らせ

月見とは・・・・↓(ウィキペディアより)

平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、舟遊び(直接月を見るのではなくなどに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)でを詠み、宴を催した。

また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。

 

現代では、月が見える場所などに、(すすき)を飾って月見団子里芋枝豆などを盛り、御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。