お知らせ

H22年1月21日現在、豊橋市のS歯科医院が、インプラントを使いまわした、ということで大きなニュースになっています。

アクアのホームページ、及びブログでは他の医院や歯科医師のことを悪くいうことを自制しています。しかし今回、あまりに大きな問題となっていますので、説明をさせていただきます。

このニュースをみて一番びっくりしたのが我々歯科医師です。どういうことかと申しますと・・・。

下の青い矢印のところがインプラントです。

IMG_0942.jpg

歯がなくなったところに、人工の歯根を手術で入れます。そうすることによってほぼ自分の歯と同じように使うことが出来ます。

これは保険がきかないため、自費負担となります。

費用の相場としては1本25万~45万円程度です。

医院によってこの値段設定は違います。ただし値段の高い安いということだけで決定してはいけないものです。きちんとした手技できちんとしたインプラントブランドの材料を使い、安全で長期間使用することを考えたら、安価な治療では不可能なものです。

良質なインプラント治療を提供しようとすると上記のような値段がかかることはいたしかたないのです。

(仮に30万円かかったとします。でも10年使うことができれば、1日あたり約82円という計算になります)

今回の事件は、他人の手術で1度使用しうまくいかなかったインプラントのネジの部分や、数年使用してダメになったインプラントのネジの部分を、キッチン用洗剤で洗い、滅菌して使いまわしていたんです。

これはインプラントに精通したDRならば言語道断のことなんです。99%以上の歯科医師は術衣や道具が完全に滅菌されたものを使用します。手術時にインプラントのネジの部分がほんの少し術部以外の場所にふれただけで、場合によってはそのインプラントは破棄することさえあります。

実際に私も患者さん本人の唾液がほんの少しついただけでインプラントを破棄したことがあります。

そのくらい繊細に治療がおこなわれているわけです。

異物がついたものを使用することは、インプラントの寿命や成功率に関係してきます。

ちなみに当院ではインプラント治療の補償期間を10年としています。使いまわしをした場合、10年という長期間の補償期間は設定できないと思います。

インプラントは正しい手術を行えば安全でとてもすぐれた治療です。当院の患者様に限らず、皆様よく担当医の話を聞いて安心して手術をうけてください。

                                          

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。