治療の流れ

  1. 1)問診、カウンセリング

    問診、カウンセリングまず、来院していただきますと、問診票に記入していただきます。
    これは治療方針を立てるうえでとても大切なので必ず正確に記入していただいております。(治療以外でこの情報を使用する事はありません。)

    そして、診療室に入っていただいて第一回カウンセリングを行います。いきなり歯を抜いたり削ったりはしません。
    どの部位がどのような状態にあるのかを説明させていただき、その後痛みのある部分がある場合は、処置をします。

  2. 2)初診

    初診 初診ではレントゲンを撮ったり、診断用の歯形を採取します。この時治療計画を作製いたしますが治療内容が複雑な場合、後日
    、出来上がった模型等を参考に今後の治療方針を検討し、患者様に合う治療方針を確立します。

    そこで、患者様の同意を得て治療へと進みます。

  3. 3)治療、処置

    治療、処置 治療の種類には早く終わる処置と、場合によっては時間をかけなければならない処置とがあります。また、手術となる場合は、当日の体調なども影響してきますので、焦らず治療していきましょう。
    銀歯(インレー)などの補綴物を制作する場合、ここで歯形を採取します。歯形は精密な材料を使用して制作します。

    制作物が出来上ったらお口の中にセットします。全ての処置や、補綴物のセットが終わりましたら、御手入れ方法を説明させていただきます。

  4. 4)定期検診

    定期検診 当院では、定期的に来院していただいて、治療した部位やそのほかのお口の健康状態をメンテナンス、またチェックする意味で定期検診をお勧めしております。
    多くの病気で早期発見・早期治療は有効ですが、歯の場合も同じです。虫歯の進行や、歯槽膿漏も初期と末期では、かかる治療時間も桁違いです。

    ぜひ定期的に来院されてストレスの無い食生活を御楽しみ下さい。

全ての治療が上記のように進む訳ではありません。詳しくはカウンセリング時に説明させていただきます。気になる所は遠慮なくお聞き下さい。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。