親知らずとは大人の歯の前から数えて8番目で、大臼歯(大きい奥歯の3番目)のことです。専門用語では智歯といいます。なぜ親知らずというか?私も本当の由来はわかりませんが、いくつかの説があります。①成人すると親に口の中をみせることがなくなり、その後にはえる歯だからという説②乳歯が子供、永久歯が親にみたてると、智歯には対応する乳歯がもともとないからという説③昔は人間の寿命が短く、智歯がはえるころには親は死んでいたからという説    などさまざま。ちなみに英語ではWisdamToothといいます。Wisdamは知識とか知恵という意味ですが、知恵がつく大人になってはえる歯という由来だそうです。親知らずは色々なトラブルを引き起こし、抜かざるを得ないケースがほとんどです。現代人の顎はどんどん小さくなっているのですが、歯の数は人間が猿だったころと同じ数あります。歯の数が多すぎるため、まっすぐはえてこないことも。虫歯になりやすかったり、歯肉の炎症がおこったりします。昔は親知らずの炎症で死にいたることさえあったとききます。一部親知らずを有効につかってあえて残したりすることもありますが、抜歯したほうが良いケースのほうが圧倒的に多いというのが現状です。心配なのは抜くのに痛くないのか?ですが、麻酔がきいていれば、抜くときはいたくありません。はえ方によって抜いた後の痛みや腫れはちがいます。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。