院長のブログ

私、偉い人なんです。大名といわれているくらいですから(笑)

 

 

釣りの言葉で、『大名釣り』という言葉があります。

どういう意味か。

 

『昔、大名は身分が偉かったので、釣りにいくと、座ったまま何もせずまったく動かない

餌をつけてもらったら、チャポンと水面に糸を垂らす。

魚がかかったら、手が汚れるのがいやなので、魚にも触らず、家来に外してもらって、また餌をつけてもらう。』

 

そういう釣りのことを『大名釣り』というのだそうです。

釣りの世界では、先輩であるうちの代診で弟の好史先生が、私と、もうひとりの弟のマサのことを『大名釣り』と馬鹿にするのです。

 

いえいえ、餌も自分でつけますし、釣れた魚も極力自分で外します。(外れないときは手伝ってもらいますが)

ただ仕掛けはよくわからないので、そこはやってもらってます。

 

最近は釣りがだんだん楽しくなってきて、少しづつ自分の釣り道具も増えました。そろそろ趣味の欄に『釣り』と書いてもいいかも。

 

アクア釣りクラブ(勝手に発足)は現在会員5名

そのうち大名といわれる私と、マサの2名はまったく船酔いしないのですが、好史先生と、S先生、O先生の3人は、船酔いマイスター。

S先生にいたっては、湖みたいなところでも、酔いそうなくらい。

 

釣りキチの3人が、船に弱くて、釣り素人の2人が船に強いという笑える環境。

 

ただ何度か、船釣りしてきて、みなさん随分船酔いに慣れてきたようです。

宮崎は都会的な街遊びはできないので、自然をつかった趣味を見つけなければなりません。

 

サーフィン、ゴルフ、釣りなんかの趣味があれば最高の環境だと思います。

学生のころやっていたサーフィンやゴルフをやめてしまった私。

釣りにハマるのかどうか!

 

 

 アクア釣りクラブ会員名簿

 

【部長】: 釣りになるとなぜだかスパルタで恐い弟、好史先生(部長なのにいつもつれない)

【イカ、鮎課 課長】:湖のようなフラットな波でも船に弱いが、気分が悪くても、大物がつれても終始テンションが変わらないS先生

【磯釣り課 課長】:船酔いを克服し、最近10キロクラスのアラを釣り上げたO先生

 

 

【平社員A】 大名と言われていたが、最近少しやるようになってきたので、自分のことを『御家人釣り師』とよんでいる 私

【平社員B】今だに釣竿さえもっていない、大名マサ

 

【特別監査役】 我々、大名の身の周りの世話を1から10までやってくれる㈱D社のYさん

 

                 アクア釣りクラブ(AFC)では新入会員募集中(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。