院長のブログ

前ブログで、フッ素がなくなってむし歯がへり、歯科医の仕事がもしなくなるのなら、歯科医という仕事がなくなるのは、仕方がないこと!といいました。

 

そりゃあ、歯科医という仕事が社会からまったく必要とされなかったら、小坂家としては借金の返済とか、どうやって食っていくかとか大変で、嫁はあたふたするでしょうよ。

それでもむし歯や歯周病を世の中から減らす努力を私たちはしなきゃいけないのです。

 

本心でむし歯は減って欲しいと思っています。

実は歯科医師の仕事って、むし歯とか、歯周病だけではなくて、もっともっとやることがたくさんあるんです。

 

ちなみに皆さんは歯科医院に何しにいきますか?

 

 

 

日本人にとって歯科医院は歯の治療に行く場所です。

欧米では歯科医院は、予防に行く場所です。

 

先進国でこんなに口の中がボロボロの国って珍しいんですよ。日本人って口の中ボロボロ。

予防の進んだ欧米の国では、本当に口の中が平均的に綺麗だし、口の中の意識が高いんです。

 

フッ素が普及して、むし歯が減ったら、歯科医は収入が減るので本音では困るんでしょう?という人がいます。

 

虫歯のすくない欧米の国の歯科医は、貧乏で困っているのでしょうか?

いえいえ、どちらかといえば虫歯だらけで、毎日毎日むし歯を地下鉄工事のように掘り続けている日本の歯科医のほうがずっとずっと、収入が少ないんです。

 

健康保険の評価価格が低すぎるからなんですが。

ちゃんとしたむし歯の治療ってすごく手間がかかるんですよ。

 

手間暇かけて真面目に治療すればするほど、時間も材料費も、器械代もスタッフの人件費もたくさんかかります。

丁寧にやっても、適当にやっても、患者さんに請求できる金額はかわりません。

 

適当にやるわけにはいかないので、一生懸命やるわけ。

でも、私がものすごく丁寧に一生懸命やっても、1時間かかってもその処置の治療費が、時には0円とか、100円とかしか評価されないこともあります。

それが保険の決まりなので、そういうときは、なんだかやるせない気持ちになります。

 

だからむし歯が少なくなったら、どれだけ日々の仕事が楽になることか。45歳の中年が毎日毎日むし歯削るのって、案外肉体労働。

 

日本の保険治療は予算がないので、いくら諸外国と比べて、価格が安すぎると主張しても国としてはあげようがないんです。

何度もいいましたね。1本の歯の神経の治療にかかる金額は 

 

アメリカが 12万~20万円程度(多くが全額自腹)

フィリピンやシンガポールが 7~10万円程度(多くが全額自腹)

日本が約1万円程度。(日本の場合、そのうち約3割を患者さんが負担します。たった3~4千円)

 

難しい神経の形していると、器具がすぐダメになってしまいます。ちなみに今日の神経の治療で、1本1000円以上する針みたいな道具が、1回で4本使えなくなりました。(感染防止のラバーつけて、1時間以上かけて治療したので、その治療に関していうと、経費差し引いて、私の時給は200円くらい)

オーマイ ゴッド!

採算がとれませんねーー(涙)息子のおむつ代にもなりまへんがな。

 

 

 

話をもどします。

要するにね、むし歯がどんどん減ってくれれば、歯科医師としてはその分、他の治療に時間をかけれるし、もっともっと1つの治療を丁寧にできます。

 

 

むし歯が減ってういた医療費は、他の部分にかけられるかもしれません。むし歯に比重が大きかった保険点数を、歯周病の治療や、今現在保険がきかない治療の保険化が可能になったりして。

 

 

予防しだいで、むし歯はぐーーんと減らせるのです。その有効手段が『フッ素』です。

                                        つづく

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。