院長のブログ

10ヶ月になった長男。

少しずつ歯がはえてきました。

乳歯は平均2歳で全部はえそろうと言われています。上10本下10本の合計20本ね。

 

ちなみに大人の歯は、正常なら上16本、下16本の合計32本。

 

ところが、人によっては歯の数が標準より少ない人がいます。

大人で30本とか、28本しかなかったり・・・。

 

少ないというのは、埋まったままという意味ではなく、先天的に欠如しているという意味。

先天欠如の可能性が高い歯は、まず親知らずですね。それから下の前から2番目の前歯。

 

学生のころ人類学者の先生から聞いたことがあります。

人間に昔尻尾があり、退化したと言われるように、1000年とか5000年後人類が進化をした場合、退化する可能性があるのは、

『親知らず』と『足の小指』

らしいです。

 

ちなみに私は、親知らずは4本とも先天欠如です。

私は進化した未来人なのだ!「エッヘン!!」(笑)

 

意図的に抜くことの多い親知らずはなくてもいいのですが、それ以外の歯は先天欠如は問題があります。

 

歯のはえる時期というのは、大体が左右対照的にでてきます。でもうちの息子の右下の2番目の歯がはえる兆しがありません。↓

IMG_0287[1].JPG

 

もしかしたら先天欠如なのかも。

そうだった場合どういう弊害があるのか?

 

乳歯の役目の一つは、大人の歯がはえる土台のスペースを確保するという意味があります。

乳歯がすくないと大人の歯のはえる場所が将来なくなり、歯並びが悪くなる可能性があるんですね。

 

それから乳歯が少ない子は、その下に出てくるべき、永久歯の数も少ないこともあるんです。

 

だとしても、歯の数だけは、どうすることもできないんですけどね。

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。