院長のブログ

20090126-00000010-maiall-ent-thum-000[1].jpg朝青龍が14勝1敗でみごと復活優勝しました。皆さん朝青龍好きですか?きらいですか?私はどちらでもありません。しかしこの人がいない場所はあまり盛り上がらず、視聴率も悪いようです。相撲を普段みない方でも今場所は朝青龍どうなったのか気にはなったでしょう?!かの若貴ブームのころに相撲の人気がすごかったこと、覚えている方は30歳以上になるんですかね?アクアのスタッフはしらないかなあ?そのころの貴ノ花はスポーツ界で言えば、今の石川遼君的なアイドル。婚約相手のアイドルの宮沢りえさん人気絶頂。相撲のチケットは完売で入手困難でした。そのくらい相撲の人気がすごかったわけです。それがここ10年相撲人気にかげりがみえて・・・。日本人の横綱もいなくなり、武蔵丸の人気もいまいちな時に朝青龍がでてきたわけです。素行や品格をとわれていますが、今回ほど場所がもりあがったのは本当に久しぶりです。いつの時代もヒール役というのは必要悪なんです。巨人は嫌いなのに巨人が弱いと不満なアンチ巨人はその一つ。ちなみに皆さん、ボクシングの現日本チャンピオンは何人いるかしってますか?あの内藤選手はあの試合があったから今があるわけです。悪役、亀田親子。その行為はおいといて視聴率や集客を考えたら彼らの存在は否定できなかったわけです。昭和20年~30年?プロレスの力道山が街頭テレビで人気をはくしました。そのころのプロレスは外国人を悪役に仕立て上げ最後に日本人が勝つというストーリーで敗戦した日本国民のヒーローとなったわけです。昔のヒーローものも同じ。私はこどものころ、ウルトラマンタロウ、仮面ライダーストロンガー、ゴレンジャーがすきで、夢中でした。(ちなみに今はゴーオンジャーや仮面ライダーキバらしいです)そのころ悪役が強く手ごわい幹部の怪獣だとワクワクドキドキし、視聴率もよかったわけです。朝青龍のことわるくいう人多いですが、白鵬だけでは相撲人気を保てないジレンマがあるわけです。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。