院長のブログ

私たち業界の人間は、子供ができて他の人たちより極度に気を付けることがあります。

それは子供に自分のむし歯菌をうつさないことです。

 

本来、人間の口の中には虫歯菌は存在しておらず、虫歯菌を持っていない人は虫歯にならないといわれています。

ではどうやってむし歯菌に感染するか?

虫歯菌の最初の感染は保護者等からの口移しでの食事や、スプーン等の食器の共有、キスなどによる経口的な物である事が多いと言われています。

会話や咳、くしゃみなどでうつる可能性はないとはいいませんが、圧倒的にほぼ直接的な唾液の交換に原因があると思われます。

昔はお母さんが自身の口の中でモグモグしてから、子供に食べさせていました。

そういうのが正しいの思われていたからでしょう。

ぜーーーーったいダメです。そもそも気持ち悪いです。私から言わせればある種の虐待行為に近い。汚い歯垢(別名:歯糞ですよ!)を食べさせているんですから。

キスもほっぺにチューくらいにしておきましょう。ディープなのはダメです。

 

 

少なくとも私がしっている同業者は、自分の子供に食事をさせるとき、箸は別々にしたり、ましてや口移しなんてぜーーったいしません。

 

3歳くらいになったら口腔内の常在菌も安定してきます。

3歳くらい過ぎた場合、口の中は常在菌と呼ばれる細菌のバランスが形成されます。
ある程度外部から虫歯菌が入っても、優位に繁殖できない環境が整ってくるのです。

だから万が一、大切に育てた娘さんが、幼稚園で男の子にチューされたとしても、常在菌が安定してからだったらむし歯菌は繁殖しないので安心!(別の意味で安心じゃないか・・・笑)

 

どうしても赤ちゃんにチューしたければ、3歳くらいまで我慢するか、口以外のところにしましょう。

赤ちゃんのいる親御さんのお気持ちはすごくわかります。ちゅっちゅしたくなる気持ち。(笑)

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。