院長のブログ

最近、息子の話題ばかりですみません。(汗)

 

うちの子、名前の提出日前日まで名前が決まらなくて、仮の名にしていたんです。

その一つが『とんがり君』

 

生まれたばかりのとき、もうドン引きしてしまうほど頭がとんがっていたからです。(吸引してません)

子供というのはある意味正直で残酷です。小学校高学年にもなれば見た目でひどいあだなをつけられてしまいます。

私の子供のとき、後ろ頭の大きかった同級生のあだ名は

『でぼ』とか、『ルチ』

絶壁の頭の子は

『切りストン』とか『壁』

顔の大きな子は

『大顔病』(だいがんびょう)

なーんて言われていました。 ひ、ひどい。

 

このままだとうちの子も『とんがり頭』なんていわれそうで心配。

最近だいぶん引っ込んできましたが、まだ長いですねぇ。どうなるやら。

生まれた直後はこんな感じでほんとビックリでした。

aaa80.jpg

 

80年代の有名な人形劇、知能指数1300  ルチ将軍↓

adr.jpg

asr.jpg

 

ドラゴンボール神様↓

aia.jpg

 

 

 

実はこの人に一番似ているわが息子

『もしドラ』の作者↓

asa.jpg

(T_T)/~~~

 

 

神様ーーー、お願ぇだーー、オラの息子の頭の形を治してけろ!

ishiba.jpg

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。