院長のブログ

花より団子という言葉がある。

特に女性に対して、くいしんぼーだと思った場合によく使いますね。

 

確かに、人間は花を見ていたって、生きてはいけない。花というのは華とも書くわけで、胃袋を満タンにするのではなく、心を華やかに満開にするためのものであります。切り花だと数日で枯れていくけども、生花に代わるものはない。どんなに精巧につくられた高価な造形物であっても、数日で枯れる生花のほうが、何倍も尊いし、美しい。

こんなハイテクノロジーの時代で不思議といえば不思議なことです。花は枯れるから美しい。

 

多くの女性は『花より団子』である。・・・・・と世間では思われている。

はたしてそうか?

花をプレゼントすると、多くの女性は大喜びします。花をみて喜ぶ女性はきっと心の美しい人なのだと、男性は思ってしまいます。

だから、残りもしないし、栄養にもならない、味もしない数日の命である『花』に男性はお金をかけるのです。

つまり『花より団子』という言葉は間違っているのです。『花も団子も』なのです。

 

いやいや『花も団子も』という言葉も間違っています。

 

女性っちゅうのは、『花も団子も、寿司も焼き肉も、シャネルのアクセサリーもバーキンも、ダイヤモンドもワイキキも、コラーゲンも、ネイルも、イケメンも、・・・・・・・・』ぜーーーーんぶ好きなのであります。そこを男性諸君は勘違いしてはならない。

 

とりあえず、数日で枯れていく1本300円のバラのために、ランチのお金を節約し残業をする。それが大切。

そんな男性は花よりも、ダイヤモンドよりも美しい。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。