院長のブログ

IMG_0175.JPG初めてこのブログをみて、今私がマカオにいると勘違いしている方がいらっしゃるかもしれません。題名はマカオ日記、ではなくマカオ後記ですよねーー。今更・・・(汗)たった3泊の内容を書くのに「いつまでつづくんだー」っていうお声もある(と思う)ので、最終回。人気テレビシリーズ、プリズンブレイクやロストも終わることだし、マカオもそろそろ(笑)あっ、福岡のHさん、マカオ日記みてくださいまして、ありがとうございます。さて日本に帰る日の朝、私たちは6時半に起床しました。ガイドさんがロビーにくる8時半まで十分。「7時半まで寝とこうかなあ」といいつつ布団の中で、だらだら。荷物の準備は昨夜7割すませている。弟たちは7時ごろに朝食にいったようだ。私は見失った帰りのチケットを探すため、ひとり部屋にいた。    時間は7時50分。フロントからコールが。「小坂さんですか?!!!待ち合わせ時間の7:45分過ぎましたよ!!」とガイドさん。ちなみに2日前のガイドさんとは違う。 「えーっ???」よく理解ができなかった。みな部屋にはいないし。荷造りはおわっていないし、チケットないし。ガイドさんが我々に教えた時間がまちがっていたのだ。メモをとったので聞き違えではない。もうパニックになりながら、そこら中のものをケースにつめた。部屋にもどった家族に伝えると、みなパニック。急いで急いで、急いで・・・。ロビーに降りたのは8時10分であった。すでにガイドはロビーにおらず。伝言ではロビーに待機するように!とのこと。旅のしおりには飛行機の時間以外かいておらず、ガイドさんしかタイムスケジュールはわからない。8時半とはマカオから香港へのフェリーの乗船時間だ。あと15分,どうしたらいいのか?ガイドさんに電話することをこころみた。しかしフロントから外線はかけられないらしい。そこで日本でつかっている携帯から電話してみた。なんとマカオでは普通に日本の携帯が通じるのだ。2日前のガイドさんにわけを話し、このままロビーに待機しては間に合わない、自分たちでフェリー乗船所にタクシーで向かうことにした。1分をあらそう事態。皆あせっている。そこまでは10分程度でいけるが、もうギリギリ。到着後2日前のガイドさんはイライラし、迎えにきた新しいガイドさんをおこっている。(本当は時間をまちがえて我々に教えた前のガイド本人が悪いのだが。)結局8時半には乗れず次の9:00のフェリーのチケットに変更してもらった。「まにあった!」と一安心し、「では私たちはここで!」と険悪なムードの2人のガイドさんとわかれ、ゲートにはいった。8時45分。「ふーーっ、ひと安心、えっ、えーっ??」わすれていたがマカオから香港まで、同じ中国なのにパスポートがいり、出国手続きがいるのだ。っ手続きで200くらい?の人がならんでいる。中国人の係員にどうにかしてくれ!とゼスチャーしたが、「ならべ!」と突っ返される。残り15分。いったいどうなるのか?私たちの運命は??          つづく(つづくんかい!ってつっこみはなしで!)

 

 

.

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。