院長のブログ

入れ歯洗浄剤ってしってますか?(入れ歯じゃない人も我慢して読んでくださいね。)

ポリデントなんていうのは有名ですね。

では、なぜ入れ歯洗浄剤が必要なんでしょうか?

(以下↓DENTAL GUIDEの文章から一部引用しています。)

 

口腔内は菌が繁殖しやすく、歯を良く磨き清潔に保っている人でも、 1000~2000億個もの菌がいるといわれており、丁寧に入れ歯を磨いても落としきれていない汚れが残っている可能性あるのです。

入れ歯に菌が付着している状態ですと、炎症を起こしてしまったり口臭の原因ともなります。その他にも、菌が原因として感染性心内膜炎という内臓系の病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

そのため、1日1回は入れ歯専用の洗浄剤にて1日の汚れを綺麗に洗い流してあげる必要があげることが、 健康的にも、入れ歯のお手入れ的にもとても大切なのです。

 

入れ歯洗浄剤にはいくつかの種類があります。どう使い分けたらいいのでしょうか。

様々な入れ歯洗浄剤が販売されていますが、商品によって主成分が異なりますので、 自分の目的に1番適した入れ歯洗浄剤を選ぶようにしましょう。

次亜塩素酸系

アルカリ性成分がとても強く、漂白・殺菌効果に優れていいます。 強力な洗浄成分の反面入れ歯の素材を痛めやすいというデメリットもあります。

過酸化物系

入れ歯洗浄剤の中でも最も使われているタイプです。 次亜塩素酸系と比較すると洗浄力は劣りますが、その分毒性も弱まっているので安心して使用できます。 入れ歯に金具などの金属が有る場合、変色する可能性があります。

酵素系

酵素はたんぱく質の分解を促すため、食べカスなどの分解・脱臭といった効果が高い洗浄剤です。その反面、漂白効果などはあまり期待できません。

生薬

脱臭や除菌効果に優れ安全性が最も高い入れ歯洗浄剤です。しかし、頑固な汚れを除去することにはあまり向いていない入れ歯洗浄剤です。

これらの入れ歯洗浄剤は口に入れるものへの洗浄剤ですので、基本的には毒性は高くはありませんが、 入れ歯を洗浄した後、入れ歯を良く流水で洗わなかったり、

 気付かずに、入れ歯洗浄剤・入れ歯洗浄液を誤飲してしまった場合しかるべき対処が必要となります。

  

ピカピカの入れ歯

 

入れ歯の洗浄方法

入れ歯洗浄剤

歯ブラシで入れ歯を丁寧に磨いた後、容器に規定の量の水またはぬるま湯を張り洗浄剤を入れ、入れ歯を漬け置きします。 寝る前に行い、一晩漬け置きするのが効果的です。

 (コップなどを利用して漬け置きをされる方はくれぐれも洗浄液の誤飲に気をつけましょう。) ←ここ、期末試験にでますから要チェックです!!

 

さて、ところで最近テレビ局で、番組の放送がみだれたりするという、放送事故が多発しているらしいです。まあテレビ局の人事異動が理由だったり、本来電波塔であるスカイツリーの電波障害だったりが原因らしいですが・・・。

放送事故と言えば、われわれ歯科医の中では衝撃的な放送事故と呼ばれているものが、かつてありました。本当に普通に流されていたらしい。見たことある方多いかもしれませんが、一応添付しておきます。衝撃の内容です↓

http://www.youtube.com/watch?v=xO7KfTu7VmU

資源の節約になるんですって。

「あのお水が案外もったいないんですよね。」byアナウンサー。入れ歯洗浄剤レポートでした(汗)

 

↑追記  これ有名な映像なので、本当のCMかと最近まで私しんじていました。

でもある方のご指摘で、あれ、昔フジテレビで流れていた、くだらないことを真面目にテレフォンショッピングするという番組だそうです。・・・よかった、子供がかわいそうすぎるので(涙)

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。