院長のブログ

ピピ島をあきらめパンガー湾ツアーを選択した2人。

 

朝早く起きて波止場に向かってみましたが、ボロボロの船着き場。

ここからの発着は、日本人はほとんどいないらしい。

乗員30名ほどのうち、日本人はわたしたち夫婦のみ。

 

タイ人スタッフ以外は、ロシア人、イタリア人、カナダ人、オーストラリア人、イギリス人などなど。

完全アウェイだな。

 

しかし、日本人ばかりのツアーも好きではないので、これでOK.

 

さてパンガー湾は先に書いたジェームスボンド島やその他の奇岩の見学、そしてシーカヌーでの洞窟アドベンチャーが経験できます。

波止場から90分くらいかな。

 

結構な距離を進んでいって、まずはジェームスボンド島に到着。

 

座礁してしまうため、船で直接島に渡ることはできません。船から島まではシーカヌー。

この辺りは水が濁っているので、絶対に海に落ちたくはありません。

 

 

 すでに他のツアーの大勢の観光客。まずは1枚岩の絶壁の斜面。

(そういえば中学の頃、私の中学は男子は坊主で、後頭部がまっすぐな子は『絶壁』なんてあだ名にされてたなぁ。笑)

007の敵のアジトがこの岩の中でした。

 

斜面で写真をとる。

IMG_1925.JPG

 

実はこの体勢がかなりきつい(汗)

IMG_1926.JPG

 

そしてそこの海岸からみえる通称『ジャームスボンド島』

IMG_1928.JPG

 

 

確かに奇岩(島?)です。海岸に浮いているようにみえるこの島を、観光客は様々なポーズで写真を撮っています。一番多いのはこの島を持ち上げているようなポーズですね。勿論私もやるに決まっています。

 

IMG_2023.JPG

 

・・・・というか、ガイドさんに無理矢理ポーズをとらされるから半強制なんですけど・・・。

IMG_2024.JPG

「バカじゃないの?」と思うでしょうけど、皆さんこんな写真を撮っています(ホント)

 

確かにすごい形の島。・・・・・・なんだけど、見物したら終了。感激まではしなかったな。

 

帰り際に中国人観光客の大集団に遭遇。(100人以上??)

彼らはなぜあんなに騒がしいんだろう。ガイドさんにしても観光地で大音量のマイクだし、観光客もまるで喧嘩でもしているかのような、圧力。

 

肩身狭そうに隅っこでおとなしくしている日本人の我々。

 

一方、大集団で大声の彼ら。これは現代の世界情勢の、まさに縮図のように感じます。(笑)

 

つづく

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。