院長のブログ

23日歯科医師会館での研修。

近年歯科界で問題となっている製剤のひとつにビスフォスホネート製材というものがあります。(以下BP製材)

 

これ最近、特に整形外科などでつかわれる薬ですね。

骨粗しょう症の治療や予防につかわれたり、時には癌の治療などで使われることも。

 

その分野ではすばらしく効果を発揮しているのかもしれませんが、その副作用が歯科の範囲内、特に顎骨にあらわれるという報告が次々と発表されています。

 

この薬をつかっている人すべてがでるわけではなく、確率はかなり少ないんですが、副作用がでてしまうとかなり重篤な状況になってしまうんです。

 

ひどい場合、顎が腐って(わかりやすくいうと)しまうので、その部分を切断除去しなければならなくなることも。勿論アゴもごっそりなくなります。

 

癌や、骨折は避けなければならないので、そういうリスクがあってもBP製材は使わざるをえないんでしょうが、こういう報告は私が大学のころは聞かなかった話。

歯科診療を行う上で、注意しておかなければならない事項であることは否めません。

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。