院長のブログ

わたくし、今年で43歳。このくらいになりますと、体力の低下、老化現象は随所にあらわれます。

 

40歳すぎたら皆さんそうでしょうけど。

 

同世代とあつまると、

「いやー、最近は油ものはきついねー」

とか、

「血圧がさー」

とか、

「髪が・・・」

 

などなど、

 

体に関する話題が多くなります。(涙)

 

これを世間では『不健康自慢』というそうですが、

私も常に気になっています。

なんせアクアという『鉄筋コンクリート』、『借金コンクリート』を抱えたうえに、家族がおりますので・・・。

 

 

先日の健康診断でも、

「ビールの量を減らしましょう、もう少し体重を落としましょう、早死にしますよ!」と苦言を呈され・・・・(しょぼーーん、涙)

 

・・・・前からもっと気になっていたことが。

 

私、鼻血がすごくでるんですよ。もう周囲の人がびっくりするくらいに。鼻血歴約7年 黒帯 3段

 

総入れ歯のセミナーで一番前に座っていた時

(歯科セミナーでは一番前を陣取って熱心に聴講しています←自分で講習費を払うので真剣です。笑)

講師の前で、鼻血

「タラーーン」

 

気が付いた講師の先生:「何かエッチなことでも考えてたの?」

 

他の受講生:「わははははっ!(笑)」

 

私:赤面

 

 

もうね、ところかまわず出てくるんですよ、やつらは。

 

たまには枕が血だらけってことも!

 

以前、南先生の審美の研修会で浦安のホテルに泊まったんですね。

そこ完成したばかりで、その部屋を使うの私がお客様第1号にに近いくらいのピカピカだったんですね。

 

そこでシャワーを浴びて鼻をかんだら・・・・・

 

「タラタラタラタラーーーーン,ドバッ!」と例によって鼻血がでてきて・・・・。

 

バスタブ血だらけ。もう殺人・遺体損壊事件なみ。

 

 

勿論きれいに流しましたよ!掃除のおばさんびっくりしますから。

 

でもね、よく考えたら・・・、もしその部屋で何か事件でもあったら、私のところにまで警察から電話があるにちがいないほど、ルミノール反応(+++++)なわけですよ。

 

嫁がですよ、「癌だったらどうすんの、早く病院でしらべなさい!」って言うわけ。

ネットで鼻血相談したら、

 

「それやばいよ!」

「粘膜が弱いだけじゃない?」

「いや癌かも!」

医者か医学生らしき人物までも、医学用語をならべて

「良くて摘出手術、最悪末期かもねー、ご愁傷様\(◎o◎)/!」

 

なーーんて言うもんですから、心配しつつも現実逃避。

 

あまりにもよく出るし、白米食べただけで大量出血してきたため、ようやく耳鼻科へ。

 

レントゲン2枚とって、鼻の動画とって・・・・・・・先生から鼻の穴を思いっきり広げられて、恥ずかしい顔をさらけだしているとき

 

「俺、癌だったらどうしよう。ドラマ『プリズンブレイク』の主人公は腫瘍がでて鼻血がでて、結局死んだだったよな。

アクアの診療どうしよ。代診見つかるかな?

死なないにしても、摘出となったら左っ側の鼻と眼球までなくなったらどうしよ?

歯科医廃業になるかな・・・・・・・・・・。」

「病気だったら嫁よ、ごめんな!」

「親より早く死んで、かあちゃんごめん!」

 

ドキドキしながら考えていたのです。

 

 いったん診療室をでて結果待ち。

最悪の場合の心構えをし、再度診療室へ!

 

「いざ!」

 

 

 

耳鼻科の先生:あっさりと・・・

 

「あぁ、腫瘍はないよ、手術もいらない、鼻の穴から2センチくらいのところの皮膚が薄くて動脈が近いから出るんだねー。アレルギー性鼻炎の薬のみなさい!しばらく鼻ほじらねいでねーー!」

 

 

私:拍子抜けして「・・・・・・・・・・・」

 

気分的にはそりゃあもう、待合室で待っている嫁のところには こんな気持ちでしたよ↓

 

 

 

 

 

 

muzai.jpg 

 

患者さんってむし歯治療にくるとき、もしかしたら毎回こんなふうにドキドキしてくるのかも!と久しぶりに患者さんの気持ちになったのでした。

 

 

 

ネタではなく、このブログを書いている途中、またしてもやつらはやってきた。

今まさに パソコンしながらこんな状態なんです(涙)↓

 

 

 

 

hanadi1.jpg  hanaji4.jpg

hanadi5.jpg hanadi 2.jpg

 

 注: 4枚とも ↑筆者本人の写真ではありません(最後の写真は量という意味でそっくり)

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。