院長のブログ

自分が若く見られたほうが嬉しいか、上に見られた方がうれしいか。この話題一度書いたようなきがしますが、再度・・。

 

きっと多くの女性は若く見られた方がうれしいでしょう。

 

私は20歳くらいまでは、少し年上にみられる方がうれしかったです。憧れている女性が年上だった場合、「ガキに見られたくない!俺は大人なんだ!」って。

 

それが22歳ごろから若く見られる方がうれしくなりました。

そして今はどっちでもいい!って投げやりな感じ(笑)

 

現在、同級生よりは少しだけ年齢が若く見られるかな。

若く見られた方が悪い気はしませんけど。

 

 

でも患者さんから歯科医師に、「あらまあ、若い先生なのね!」と言われるときは、あまりいい意味を持っていないことが多いんですよ。

そういうセリフの患者さんの内心は2種類

①(「この先生若いようだけど、この先生に任せて、果たして大丈夫なのかしら??」)

 

②(「わっ、この先生イケメンだわ!独身かしら???」)

 

わたくし小坂にこのセリフをおっしゃるケースは、100%①の前者の意味です(笑)

②の若いイケメン歯科医はアクアの代診のサーファー歯科医、小俣先生にお任せいたします。

 

ですから先日、60歳代の熟女の初診の患者さんから

「まあ、若い先生ですのね!」と(勿論前者の意味で)言われたとき、

 

私:「若くないんですよ、今年で44歳ですから・・・・」という自己紹介から始めたのでした

 

 

入り口の自己紹介文にも「今年で44歳!!」という言葉を目立つように書いております。

 

昨年10月から私、ひげを伸ばしています。男なら一度はひげを伸ばしてみたいという願望はあると思います。

私の場合、ひげの密度が薄く、のばし始めが、カビの生えた蒸しパンのようで汚いんです。そのためいままで伸ばしたことがなかったんですね。のばすきっかけが10月の連休。

 

あっ、今の若い人の間ではひげは常識ですよね。ジャニーズだってひげOkですし。

 

私の若いころは若い女性のへのアンケートに、嫌いな男性のファッションは・・・・??

でベスト3に『ヒゲ』っていうのがかならずのっていましたもの。

メンズノンノに ヒゲの男はNG!!って。(笑)

 

当時若くてひげを伸ばしている芸能人ってチェッカーズの右の人くらいでしたから・・・。(ひげのせいで人気がなかった・・・)

 

 

まあまあ、一度は!という願望と、歯科医院の院長として若く見られないようにという理由で、44年の人生で初めてひげ親父に挑戦してみたわけです。

 

それがもう半年。わざわざ年寄と思われなくてもいいでしょ!ってことで

 

そろそろひげとおさらばしようかと考えています。       つづく

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。