院長のブログ

ちょっときたないお話ですので。お食事中の方はご遠慮ください。

 

 

23日に大学時代の友人が結婚披露パーティーをするというので、22日の午後を休診にして久しぶりに東京へ行きました。

いつもはスカイネットアジアで行くのですが、この日はJAL。

前日のスポーツジムでのランニングの疲れがのこっていたせいか、約1時間40分の飛行は飲み物も飲まず、記憶喪失。

羽田到着後すぐ京急で品川へ向かいました。

 

その道中であった小さな出来事・・・。

 

皆さんは悪い癖とかありますか?たとえば頭をボリボリかく、とか、貧乏ゆすりをする、とか。

 

私、恥ずかしながら爪を噛んだり、手の指を噛む癖があります。たまーーーにですけど。

嫁から「恥ずかしいからやめなさい!」といわれてから一応気をつけてはいるんですが・・・。

 

指をかむというのは、子供が指しゃぶりするようなディープな感じではなく指先の爪の部分を甘噛みしていわゆるマッサージする的な・・・。

 

考え事をしているときに、やってしまうんですね(恥)勉強中とか、パソコン中とか。

爪を噛むというのは、欲求不満だったり、愛情を受けて育てられなかった反動として・・・なんて説を聞いたことがあります。

 

私は両親からも嫁からも、深い愛情をうけ立派な中年に育っているに違いないので、誤解されないように気を付けなければなりません(笑)

 

 

京急で私の向いの席に座った男性。40代中旬でしょうか?。

こざっぱりしていて、腕時計はフランクミューラー的、高級そうなものをしています。高級外車が好きな男性が読む『CG』という雑誌を読みふけんでいます。

風貌からプロファイリングすると、高級外車に乗り、結構収入がありそうなビジネスマンといった感じ。

 

ところで職業病というのが皆さんにはありますか?

美容師さんなら、人を見るときに髪の毛に第一にいくでしょうし、靴屋さんなら靴、時計やさんなら腕時計、メガネ屋さんならメガネ、など・・・・。

 

私は歯科医なので、人を見るときに口元に目がいくんです。変な話、すごくスタイルがよく美人な女性がいたとしても(笑)、口元にまず目がいってしまいます。

 

・・・・・で、上記した私の向いに座ったビジネスマン、

雑誌をみながら、指の爪で左の奥歯のこさいでるんですね。まあ食べ物が詰まったのが勝手悪いといった様子。まあこれはよくある風景(笑)

そのあと口の中全体のの歯垢を丹念に爪でこさいでいらっしゃる。まあ女性がみるとちょっといやな気分か・・・。まあまあこれも時々みる風景。

 

どうしても目の前の席なので見たくなくても目がいってしまいます。

 

ひととおり爪で歯磨きして、それは終わりました。

 

そのあとがびっくり。

 

歯磨きしたあとの爪で、鼻ホジホジ

 

私:「あっ、おじちゃん鼻ほじってる」

 

しかもかなりディープな深度まで進入。

私:「うわっ、こんな電車の中でなんと大胆な・・・」

 

問題は発掘された物体。いったいどこにいくのか?

座席にはつけないでほしい。

・・・・とおもった瞬間そのビジネスマン、

 

「パクっ、ペロリ!」

私:「えっ、まさか、そんなはずはないやろー」

見間違いかと思っていたら、

また「ホジホジパクリ、ぺろっ」

私:「ほ、ほんまや!(さんまさん風)」

 

 

それを何度も繰り返して・・・・・・・。

私の横並びに座っている人たちみんな唖然。ご本人は雑誌に集中しているので皆の視線には気が付かず・・。

もういくら掘ってもお宝はでませんよ!ってくらいにきれーーーいにお掃除。お腹もいっぱい。

 

 

幼稚園ではおなじみのこの風景も、成人紳士の世界ではまれにみる光景でした。

 

 

見たくないけど、一通り見てしまってなんか私気持ち悪くなって・・・・(汗)

 

 

品川で電車を降りた後、ホテルへ向かったのですが、予想以上にダメージがひどかったらしい。

高輪東武ホテルの予約なのに、高輪東急ホテルでチェックインをしようとし、恥をかいてしまいました。

「お客様、こちらとは違うホテルでございます」

私、赤面。

 

いやー、人の癖というのは怖いもんです。

母親から

「おうちで行儀が悪いと、よそのおうちでもお行儀が悪いのがでてしまうから、きちんとしなさい!」としつけられました。

人のふり見てわがふり直せ。

爪を噛んじゃいけない!身にしみる思いがしました。

 

 

 

追記:

この出来事をよーーく考えてみた。

 

100歩ゆずって考えよう。電車の座席につけないだけこのビジネスマンは偉いではないか。

自分からでた歯垢やハナ糞を不法投棄せず、きちんと処理する。

きっとおいしいからこそ、そうしているわけで、

システム化すると他の食物を摂取しなくても、人間は生きていけるように進化するかもしれない。

 

新日本プロレスの実況アナウンサーだった古館伊知郎風に言えば

「おーーっと、まさに『一人食物連鎖』 『完全自給自足』」

 

ティッシュもつかわないし、ゴミもでないので、考え方をかえると究極のエコではないか。地球に優しい。

 

 

 

・・・・・・・なーーんてくだらないことを考えてしまった・・・・・馬鹿な私・・・・(笑)

 

         つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。