院長のブログ

 

最近のニュースでは

「うそは、い管!鷺(サギ)だ!」と鳩がと鳴いております。

 

うーーん、よーく考えたら鳩さんも1年前、職を辞するといってたのに

・・・・50歩100歩   鳩歩っ歩(ポッポ)

嘘も方便といいますが、皆さんは嘘をつくことに対してどうおもわれますか?(前この話題したっけ?)

嘘をつくことは基本的に悪いことです。

子供の教育の場でも「嘘はついちゃいかん!」と教えられるはずです。

私も母から「うそをつくと、うそを通すためにさらに嘘をつかなければならない、だから嘘はつてはいけない」と子供のころよく言われていました。

 

いやしかしながら現実社会では、嘘をつかない人がいい成績をとったり、社会で成功してるわけではありません。むしろうそをつけない、つかない人は馬鹿という称号まで与えられてしまいます。(→バカ正直)

 

残念ながら世の中は『上手に嘘を使い分ける人』というのが、もっとも成功しているように思えます。

嘘を武器にしている人の方が、異性にもてるかもしれません。(ほめ上手も嘘のうち、と考えれば・・・)

 

また人を幸せにするような嘘は欧米ではいいといわれています。英語ではWhite Lieというらしい。

「私は嘘は絶対につかない?」といえるでしょうか?もしそれが本当ならお友達のいない人かもしれません。

女性に「私何歳にみえる?」といわれたら3つくらいは若くいうほうがいいわけで、これはWhite Lie.

 

ショップ店員は似合っていない洋服でも「お客様にとーーーってもお似合いですよぉ」と言わなければならないわけです。

子供にサンタなんていないなんていうことは、とても思いやりのない正直になってしまいます。

たとえば

奥さんに「しわが増えたな!」と心では思っても、「今日もきれいだね」とイタリア人のような言葉の方が波風は起きないのです(笑)

私の友人のI君はイタリア人のようなWhite Lieの達人です(爆笑)

 

嘘もつかずに生きていくことなんて、絶対にむりですし、その塩梅が社会で成功する秘訣、家庭円満の秘訣なのかもしれません。

 

嘘はいけないが、上手な嘘をつきなさい、Whiet Lieをつきなさい!っていうことを、

子供たちに教育することはすごくむずかしいことですね。

 

先生や親から学ぶことではなく、お友達や恋愛から習得するものではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。