院長のブログ

事件の内容をどうのこうのいうつもりはございません。

「70歳すぎても、ロックンローラーやなぁ」ということで・・・。

 

現在の写真をみて、おそらく多くの歯科医は思ったはずです。今の写真↓

 

内田裕也.jpg

 

「彼、咬合が低いな」と。

鼻の下から、顎の先までがかなり短い。口の周りのしわがかみ合わせの低さをあらわしています。なにより口がへの字。低いとへの字になるんです。

一昔前の写真↓下の2枚は鼻の下から顎の先までが、まだ正常な感じがします。

内田2.jpg 

 

内田3.jpg

私の予測では奥歯が入れ歯で、低いかみ合わせの状態、または、奥歯が何本か抜けたままになっているのではないか?と。

 

1枚目の写真。これかみ合わせが低い人の典型的な風貌。入れ歯の方はこういう風になりがちなんですが、例え入れ歯でも咬合を十分に検討し、こういう口元にならないものを作成すれば、全然違います。

 

70歳すぎているので、入れ歯でも珍しくはないのですが、おっかない風貌の方がへの字ぐちだと、もっと怖くなってしまいますし、このせいで年寄りくさーーくなってしまうんですね。

 

「ロッケンローラーに歯はいらねーぜ!」と言われちゃうかもですけど・・・(汗)

 

もし、お年寄りの方で、1枚目の写真のような口元になっている場合、入れ歯がかなり低いのかもしれませんよ。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。