院長のブログ

27日の日曜日、JAアズムにて総入れ歯の講演会がありました。

講師は千葉の市川で開業されている村岡秀明先生。

先生は60代中ばの先生。

 

 

先生のお父様は総入れ歯の分野で、日本でもっとも有名な先生です。もうお亡くなりになられたのですが・・・。

秀明先生も今や日本の総入れ歯の分野の権威です。

 

総入れ歯というのは、今では治療内容とか、理論はほぼ確立しています。先生がおっしゃるには「頭のいい子なら学生でも1日本を読めばだいたいのことを理解できる。しかし、入れ歯は実学だから、理論だけでは全く何もできない」・・・。

 

 

50名限定だったのですが、会場はみたところ80名くらい、満席御礼でした。

宮崎だと芸能人でも、よほどのスターでなければ、会場満席なんてなりませんよね。(笑)

会費は1万円。これが高いか安いか。

一般の方だと1日のセミナーで1万円って高いと思うでしょう?でも歯科のセミナーの相場からすると、決して高いほうではありません。実習つきのインプラントのセミナーなんて1日で8万円とかありますから(涙)すごいでしょ!でもセミナーにお金をかけない歯科医はどんどん時代からおいていかれてしまうんですねぇ。

 

村岡先生の講義、これがかなり面白いんです。声色はドクター中松にそっくり。トークは落語家も真っ青の楽しい内容。

歯科の講義で戦場カメラマンのマネやミッキーマウスの物まねをするんですよ、笑。治療の内容は当然ながらすばらしいんですが、先生のジョークに会場はもうずーーーっと笑いっぱなし。本当に楽しく、ためになるセミナーでした。実はこの日同じ時間にお笑いのライブをやってて家族でいこうかと話にでていたのですが、こっちの方がよほどわらえたに違いありません。

「こんな高い材料をつかったり、こんなに手間をかけていたら保険診療では採算がとれない!」と多くの歯科医師がつぶやくことの多い、現在の日本の保険制度。

村岡先生のお父さんは「確かに採算がとれない分野も多いけど、診療を趣味だと考えれば、趣味を経費をおとせるなんて、すごく恵まれているじゃないか!」とおっしゃったらしいです。歯科を仕事とし、趣味とし、生活とし、日本の権威となられた名医ならではのご発言。

 

診療室で洋楽のオールディーズを聞きながら診療し、お年寄りに幸せを与えている先生は本当にすばらしい。

もし私が入れ歯になったら、千葉までいって先生につくってもらいたいなあ。

先生が60代中旬。私42歳。30年後私72歳、村岡先生100歳近く・・・・・・、よろしくお願いいたします(笑)

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。