院長のブログ

久しぶりに献血に行ってきました。400ml。

カリーノ3F。

 

IMG_0397[1].JPG 

見返りを求めるわけでもなく、単なる募金とも意味の違うこの献血というものは、

私に出来る簡単で効果のある社会貢献の一つだと思います。

 

歯科医療という仕事は困っている患者さんを救うことができれば、多少なりとも社会に貢献できているのだと思いますが、ボランティアではありません。

勿論治療をして費用をいただき、納税をすることは社会人として最も基本的な社会貢献ではあります。

 

しかし、それと献血をするということは意味が違います。

 

アメリカでは献血をすると日当がもらえたりしますよね。

 

募金の場合、自分が出した1000円がどう使われるかよくわかりません。もしかしたら誰か役人の遊行費になっているかもしれないわけです。

同じ募金なら、同じボランティアなら、目的がわかりやすいほうが嬉しいし安心だとおもいませんか?

だから単なる募金ではないタイガーマスク現象がはやったんでしょうね。(もういつの間にか消えましたけど・・・)

 

健康な大人であればだれにでも簡単にできる献血。献血に行ったことがない方もたまには献血にいかれてみてはいかがですか?少しいいことした気分になれますよ! 特に血の気の多い方(笑)

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。