院長のブログ

水曜日、プロレスをみに行ってきました。

中学、高校のころはプロレス大好き少年だったのですが、30すぎてから興味は薄れ、

試合をみに行くのは8年ぶりくらい。

最近はK-1や総合格闘技の人気におされ、プロレスの人気は低迷しています。

 

ライブでも格闘技でも大概18:30開演というケースが多いので、19:00まで診療のアクアでは、仕事の日は当然無理です。

・・・・で久しぶり・・。

 

マイナー団体を含めるとプロレスだけで数十個の団体があります。

観に行ったのは プロレスリング NOAH

 

IMG_0371[1].JPG

去年?おととし?亡くなった三沢光晴のつくった団体ですね。ジャイアント馬場の流れをくむ団体。

会場はMRTミックダイヤモンドホール。

 

IMG_0369[1].JPG

大規模なパーティーや会議につかわれる場所ですが、プロレスとしては大きい会場ではありません。

 

前日に購入したA席(2番目にいい席)ですが、まえから5列目。我々の後ろには3列しかないので、小さい会場であることは推測できるのでは。

満員で入ってもおそらく500~700名。

観客数はその7割程度でした。

 

 

IMG_0374[1].JPG 

出場選手も7割は知らないひとばかり。

その中でも有名なのが

佐々木健介:北斗晶の旦那ですね。↓

IMG_0385[1].JPG

 

↓高山:プロレス界で最も怖い顔をしているといわれます。

格闘技で顔が変形したらしく・・・。数年前のボブサップとの死闘はすごかった。

 

IMG_0380.JPG 

 

高山.jpg 

 

 

なかなか面白かったですよ。プロレスフアンじゃなくても結構迫力ありますし、笑える部分もあります。

 

嫁は(概して女性全般)格闘技のことはあまり知らないので、

「あれ手加減してるよね」とか、

「わざとやってるよね」とかいうのですが、

プロレスは格闘技というよりは、体を鍛えた人たちのエンターテイメントショーというつもりで観戦しないといけません。

サーカスを見るようなあたたかい気持ちで・・・。

 

熱狂的なプロレスマニアの前で

「プロレスって八百長?」なーんていうことは絶対にいってはいけないのです。

 

秋葉原でAKB48の悪口をいうのと同じ。

 

つまりは禁句事項なのです。

 

はげしい技を繰り返しをみて、彼らの体は大丈夫なのだろうか?と心配してしまいました。かつての名レスラーが早死にしたり、廃人のようになっているのを知ってますから・・。

顔面なぐられて顎関節症になっている人もきっと多いはず、と職業的に考えていました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。