院長のブログ

天草の件は文章はできているんですが、カメラの不具合でまだアップできていません。もう少々おまちを。

我々は21世紀どういう風に諸外国と付き合っていけばいいんでしょうねー。

まあ国家レベルではなく、あくまで一個人としてですが・・・。

私も何度か中国圏にいきました。

上海、マカオなど・・・。

そのときも日本とはマナーなどまったく違うので戸惑うことがしばしば

 

まあ、それも含めて旅の楽しみと思えばなんてことない、なーーーんですが、このところの情勢を考えるとそうもいってられません。

 

ノルウェーのノーベル賞の件もそうですが、中国が国力をつけすぎて他国が面を食らってる感じ。

 

「いうこと聞かんなら、圧力かけるで!」

 

今、まさに中国で日本に対する暴動がまた起きていますよね。私にはもはや理解できないほどのむちゃな暴動。

 

そりゃ、日本人が起こした(であろうと言われている)過去の不幸な歴史を考えればある程度は仕方がないのかもしれません。しかし、戦争を知らない世代ばかりの今の日本において、

「じゃあ、いったいどうすりゃいいので、ございますの??」

と問いかけたくもなります。

つい最近までODAとして多大なる額の支援を中国に対しておこなってきたわが国。

 

中国の日本系のデパートや、料理屋さんが壊され、ひどいのは中国人の乗っている日本車までがめちゃめちゃにされるしまつ。

 

日本でも抗議活動はもちろんありますが、文化が違うとここまで講義活動もかわるんでしょうか???

同じような暴動が日本で起きたとして、それを今の中国にあてはめてみると・・・・

 

霞ヶ関で赤い旗を燃やす群集。

横浜・神戸・長崎の中華街の店舗が壊され、

なぜかラーメン一風堂のガラスまでわられてしまう。(ラーメンは中華料理だ!などという民衆)

満州は日本固有の領土だ!といいはるむちゃな日本人。

パンダのケージに空き缶がなげこまれ、

ツタヤではジャッキーチェンのソフトは国家反逆映画として店頭から消える。

たまたま秋葉原にAKBのライブをみにきていた中国人観光客が、国家機密のスパイだとされ日本から逮捕監禁。

 

 

・・・・・・・・ってな感じ。

 

単なる冗談ですが、このくらいありえない事件だと感じてしまいます。

 

 

対中国、対韓国、もちろん過去は過去として反省しなければいけません。

しかし、いつになったら本当に良き隣人として付き合っていけるんだろう?

と、こういう事件がおこるたびに何か悲しい気持ちになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。