院長のブログ

口蹄疫が深刻です。

このままいくと口蹄疫1つで宮崎経済、いや日本経済の危機かも!です。

農家さんの直接的な被害は勿論ですが、

『風は吹けば、桶屋がつぶれる』

という具合に連鎖的な被害も徐々に広がってきています。

宮崎はほとんどのイベントが中止になっています。イベントは人の流れ、お金の流れをつくるわけですから、1つのイベントが中止になるだけで、億単位の経済損失になります。夏の野外イベントなんかも中止なんでしょうか?

イベントに出店予定のお弁当やさん、イベント会場までのタクシー、会場を整備するための草を刈る仕事、印刷物、イベント後ににぎわうはずの飲み屋街・・・・・。

私のような、いち小市民にできることは何なのでしょうか?

川南・都農地区の現状、宮崎市民にさえ伝わってないのかもしれません。

ましてや他県の方たちにどれほど伝わっているのか・・・?

確かに・・・・・・・・沖縄の基地移転問題。すごく気の毒だなあとは思っても、本土の人たちにはどこか対岸の火事のようですもの。

「近くに移転しなきゃいいな!まあ近くにはこないだろう」と。

口蹄疫も他県の人にはイメージしにくいですよね。

私はこの問題、大地震がきたのと同じくらいに当事者にとっては地獄のことであろうと思います。

この状況で知事批判とか、「獣医は儲かっていいな!」なんていうネット上の書き込みをみると、何か心が苦しくなります。

本来なら公共工事にまわされる重機の運転手さんが、家畜の埋葬にまわされて、かわいそうで残酷で肉が食べられなくなるほどつらい思いをしてるんだとか・・・(涙)

一般の人にできる一番身近なことは、宮崎の農産物、肉などを安心して消費することじゃないでしょうか?

現場では使い捨てにするため、大量のタオルが必要らしく、ちょっと(数十枚)ですが、かき集めました!↓

 

IMG_1419.jpg

今月の若しゃん会も「宮崎牛をたべよう!」ということで、宮崎牛の焼肉を食べてきました!宮崎牛は日本一です。大好きな宮崎がはやく元気になるように、かげながら応援しています。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。