院長のブログ

http://digitallife.jp.msn.com/article/article.aspx/articleid=501341/

↑こういうの、毎年毎年、新しい、画期的、治療法としてマスコミで話題になるんですが、ほとんど定着せず、いつの間にかきえていくんですよね。

 

これからも、痛くない!削らない!早い!などという情報がいろいろとでてくると思います。

しかし当分は残念ながら、削る!ちょっと時間がかかる!、ちょっと痛い!方法が最良の方法であることが変わらないだろうと思います。

あと30年以上したら、もしかしたらギーギーガーガーするドリルはなくなっているかもしれませんが・・・。無理かな・・・(汗)

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。