院長のブログ

指輪を作る方法はいくつかの方法があります。

①蝋で指輪の形を作り、その蝋の部分にとかした金属を流し込む『鋳造法』

②金属の塊をたたいてつくる方法

③シルバー製の粘土で形をつくり、できたら高温で固まらせる方法

などなど。

歯科の銀歯や金歯をつくる方法は①の方法と同じなんですね。歯科技工士さんがつくってくれるんですが、なかには歯科技工士さんの仕事からシルバー細工職人になった方がいるとも聞きます。

我々の業界には、結婚指輪を自分でつくる人も結構多いんですね。私はかつてクロムハーツというブラントがはやったとき、結構つくっていました。

先日、歯科関係ではない弟が指輪をつくってみたいというので、作り方を教えて挑戦。

何日もかけてやっと完成したようです。

院内 014.jpg

院内 013.jpg

↑写真が悪いのでわかりにくいですが、はじめてにしてはなかなか上手だと思います。デザインは『波』のイメージですね。

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。