院長のブログ

ただ単に白い歯にすれば審美歯科というわけではありません。

歯の色、長さ、みえ具合、透明感、傾斜、形、歯茎の形、色、などすべてのバランスから、口元の美しさというのは、なりたっています。

天然の歯を白くするのには、ホワイトニングという方法は主ですが、ホワイトニングで出来ない部分はかぶせなどをして美しくしていきます。時には歯茎を削ったり、歯のまわりの骨を削ったりすることも。

前歯のかぶせは

①硬質レジン前装冠

②メタルボンドポーセレン

③オールセラミッククラウン

④ハイブリッドセラミック

⑤ラミネートベニア

⑥ダイレクトボンディング法

という6つの方法がほとんどになります

それぞれで利点欠点があるのですが、保険治療は①のみと考えていただいたらいいと思います。

本当にきれいな歯にしたいと思ったら特に②、③、⑤のどれかでしょう。

材質だけではなく、削り方も大切です。0.1ミリ刻みで削り方をかえていくわけですから、何年歯科医をやっていても日ごろのトレーニングは大切です。

20年、歯科医をやっている方でも実習で歯の削り方を勉強するわけですね。歯を削るって難しいことなんです。この日も↓

院内 035.jpg

ラミネートベニア法とオールセラミックのトレーニング↓

院内 036.jpg 

2日の最後には疲労困憊ながらすがすがしい気持ちで羽田へとむかったのでした。

家族とスタッフに恒例の御土産。限定スィーツ『天使のバレンタイン』嫁絶賛↓

 

院内 039.jpg 

このあと以前書いたような恐ろしい10分間がおこるのでした・・・・。(汗)

昨夜も私のもみ上げをみて爆笑していた嫁・・・・・。

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。