院長のブログ

1月20日は、うちの嫁の○○回目の誕生日でした。

皆さんは奥様とか旦那さま、お子さんとか、恋人のお誕生日のときなんかしていますか?

朝から我々歯科関係者を混乱させるような事件が、豊橋市のある歯科医院で行われていたということで、マスコミが各社報道していました。こんなことありえないというような、正直大変迷惑な出来事で、業界が大騒ぎになることが予測されました。

アクア歯科クリニックでもインプラントを行っているため、患者さんからのお問い合わせに対応しなければならないのです。(勿論このようなことはありませんし、あの歯科医院以外はないんじゃないか?と思います。)

 

その日の朝、いつも通り車で自宅をでてアクアに向かいました。高速ではめずらしく注意報が出るくらいの霧だったようです。

通勤経路もどんよりしていて陰気な天気。

川沿いのT字路(かなり見通しが悪くよく事故のおこる場所)で一時停止をして右折できるのをまっていました。右OK.左OK!よし。

・・・・・・とそのとき

「どーーーーーーーーーーーん、ガゴガゴっ!」

何がおこったのか、はじめは全く理解できませんでした。

私の車の右角が、黒の軽自動車とぶつかったのです。右は確認したのに、まるで突然わいてでてきたのか、と。

見ると私の車の前はバンパーがはずれ、ひどい状態。相手の車は左のライトがぐちゃぐちゃ。

 

IMG_0939.jpg

のっていた若い女性はその衝撃でブルブルふるえて混乱していました。もう気の毒で、気の毒で。

私も気が動転して車を端によせるとき、交通標識に側面をこすってさらに20センチくらいへこんでしまいました(ふんだりけったり)

警察の方は双方が悪いとおっしゃっていましたが、霧のせいで私のほうが相手の車の方に気がつくのがおくれたんですね。幸い私は速度20キロくらい、相手が40キロくらいでしたから、車の部分損傷ですみました。御互い体調には問題ありませんでしたが、精神的ダメージは大きかったんです。

車で接触したのなんてほとんど記憶にないくらい、最近は安全運転でしたし、ゴールドカードですから、ショック。

でも相手の方とそのご家族の方がすごーーくいい方で「私も悪かったんです、すいません」って逆にいっていただきました。怪我もなかったし。私の車はずいぶん壊れましたが、相手の方に怪我が全くなかったので本当に良かった。本当にごめんなさい。

昼休みにその方にご自宅にお菓子をもって挨拶にいったところ、とくに問題はないとのこと。おかあさんまで出てきて、逆に恐縮していらっしゃいました。

ちょうどそのころ嫁のメールがなってみてみると・・・。病院に入院していたおじいちゃんが亡くなった、とのこと。事故で混乱してる上におじいちゃんまで。

94歳の大往生でした。お経をよんでいただいて、10時近く、アパートの前の小料理屋に行き食事。おじいちゃんに乾杯。事故の御疲れに乾杯。

なくなったことはさびしいことだけど、おじいちゃんが私を命と引き換えにまもってくれたんだ!って2人で感謝することにしました。せっかくの誕生日はお祝いムードではなく、めまぐるしく、大変な1日でした。これから、もっと安全運転につとめます。そしておじいちゃん安らかに。

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。