院長のブログ

先日ニュースで子供たちに「お年玉いくらもらいましたか?」とインタビューしていました。不景気なので例年より平均額は減っているとの事。

それでも中には12万円もらった子もいました。職を求めている大人たちはこれを聞いてびっくりしたでしょうね。そんなにもらえるんなら子供にもどりたい!なんてね(笑)

私は親戚関係、家族関係でお年玉をあげる子がほとんどいません。ですからいざ渡そうとした場合、いったいいくらあげていいか、わからないんですね。

小さい子でも中には「なんだ、たった¥1000か!」とか思う子もいるらしいですから。

わからないから数年前¥5000あげたら、「それ多すぎるよ」って周りから言われましたし・・・。

ゲームやカードが人気らしく財布の膨らんだ子供たちが、おもちゃ屋さんをうろうろしています。まあ色々な考え方はありますが、私個人の意見としては「何に使うの?」という問いに「全部貯金する」って答える優等生より、「おもちゃ買う」っていう答えのほうが好きかな(笑)

お年玉っていうのは子供が経済を学ぶ第1歩でもありますよね。

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。