院長のブログ

10/27のクイズの回答の一部です。

Q,歯科医院で何度か型取りをやりなおした→良くない歯科医院なのか?

A、 勿論1回で型取りが完璧であれば、ベストです。しかしもしかしたら型を何度か取り直してくれる医院は逆に親切で腕がいいのかもしれません。アルジネートやラバーという材料で型をとるんですが、これは結構難しいことなのです。たった0.5ミリのずれや、気泡があっただけでかぶせに大きな誤差がでることさえあります。

1回で100%うまく型がとれる先生なんて、おそらく1人もいないでしょう。むしろこだわっている先生なら数回型をとるかもしれません。

精密なものをつくるには大切なことなんです。患者さんは何度も型をとるのは苦痛かもしれませが・・・。

 

Q、かぶせが完成したが、適合が悪く合わなかったため作り直しになった→良くない歯科医院なのか?

A、型とりのときと同じですが、その歯科医院はもしかしたらすごくいい歯科医院かもしれませんよ。納得のいかないものが出来上がったとき、きちんとやりなおしてくれるわけですから。

 

Q、つけて1年もたたない銀歯がはずれてしまった。→良くない歯科医院なのか?

A 勿論とれないほうがいいのですが、口の中は実は高温多湿、毎日咬合力で数十キロの力によって刺激が加えられる過酷な環境です。私たちは絶対に取れないように工夫しています。

・・・・・が、一生懸命やっても残念ながら時々とれたりすることがあります。ちょっとしたことが原因のことも・・・。例えば接着するときに唾液や血液がちょっとついた!とか、接着剤の接着力が低下していた!とか・・・。

接着剤は毎年沢山、新製品がでます、後発のほうが大概いい製品なのですが、以前新製品に変えたとき、ことごとく、かぶせがはずれることがありました。いいといわれたその材料、実はぜんぜんダメだったんですね。あの時は本当に患者さんにご迷惑をかけてしまいました。

 

短時間で完璧なことができればベストなんですが、私たちの仕事すべてオーダーメイドですので、予期せぬことが多々おこります。

調理中、ハエのはいったラーメンを、ハエだけとってお客さんにだすような料理人より、きちんと1から作りなおしてくれる料理人のほうが素敵なはずです。

もし型のとりなおし、かぶせの作りなおしなど、「すいませんが、やり直しをさせてください」と歯科医院でいわれたら、それだけこだわってきちんと治療してくれてるのかもしれませんよ。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。