院長のブログ

11日水曜日、休診日なんですが、朝7時に起きて外出の準備。成人病検診にいくためです。前もって便の準備をしたり、食事や水分制限したりで、この時期のひとつのイベントになってしまってます。

歯科医師会指定の場所なので、スムーズにすすんでいくのでたすかっています。

項目は血液、血圧、心音、心電図、尿、便、目、胃、腹部レントゲンなどです。

よく「病院で一番歯科が苦手!」という患者さんが多いんですが、私は目が恐怖。眼圧測定で空気を目にあてるのが、もう死にそうになるくらい苦しいんです。かつてハードコンタクトを練習させられたときも、もう地獄の苦しみでした。いまだにメガネもコンタクトもしていませんが、実は右目の乱視がひどいんです。左目は悪くないので、強烈なガチャ目。仕事や普段の生活にはさほど問題ないんですが、夜の高速道路の標識が見にくい。当然まだ老眼ははいってない。

バリウムも苦手。発泡剤をのんでバリウムのんで、「ゲップはしたらだめてすよー!」ってそんな無茶な。寝転んだまま頭を下に45度くらい傾けられるし。ゲップどころか、いろんなものが出そうで・・・・・汗。(ところでゲップって正式名称なんていうんでしょうね。医学用語じゃないと思うんですが)

昨年の検査ではGTPやコレステロールが引っかかったし、血圧がやや高めなので心配ですが、どうなることやら。まあワインとビールを控えめに、運動をすればいいんですが・・・・。

問診表で、血圧が高いといわれたことがある、に○をしたんですがなぜかこの日110-75と普段よりかなり低い値が!なぜだろう??????

実は血圧のとき、精神を落ち着かせる方法をとったんです。そのせい?いやそれにしては下がりすぎ。本当に低くなったのか、たまたまか???

『精神を落ち着かせる方法』って気になりませんか?

ブログをみていただいた方に特別にお教えします(笑)でもこれ本当です。セミナーで研修をうけてきましたから・・・。

内臓の機能に重要な働きをするのが自律神経です。これは交感神経と副交感神経にわかれます。交感神経系の亢進により血管が収縮し、心拍や血圧があがります。交感神経が活発になるのはストレスの多い状況であり、侵害刺激や肉体的活動、恐怖、興奮状態になったときです。副交感神経は逆。

つまり交感神経系をおだやかにし、副交感神経を活発にさせれば血管が拡張し、心拍、血圧がさがるんです。

最も簡単に副交感神経を活発化させるには薬指のマッサージをすることなんです。5本の指で薬指以外は交感神経系です。私血圧はかるとき親指のつめで薬指をマッサージしていました(笑)

試験や歯科治療などで緊張をほぐすときは薬指、スポーツの大会などで「やるぞー!」って高めたいときは薬指いがいの指先をマッサージしてみてください。これ本当らしいですよ!

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。