院長のブログ

 

IMG_0573.jpg

31日の土曜日、県の若しゃん会がありました。外部の講師をおよびしてプチセミナーも開催。

今回は某マスコミ関係のK氏。

内容としては「いまさら聞けない政治の話」と題して、東国原県政と現政権のい方向性などについてとてもよいお話が聞けました。

私、ニュース番組が大好きなんですが、それとは違う切り口なんですね。テレビをみていて(本やネットでもそう)我々はマスコミに踊らされている感があります。例えば自分の局の方針に従わないような記事や内容は、当然ながらオブラートにかけたり、応援する企業や団体の側にたった放送をするのは、日常茶飯事です。右、左の関係とか・・・・。

それによっていつのまにか

「あの人は悪い人だ!」「あの人が犯人に違いない」「あの人は美人だしいい性格だな」

などという観念をうえつけられてしまいます。報道は自由なんですが、使い方によっては私はマスコミが核兵器より恐ろしいものになりうると思います。(イスラム圏の民間人が米国によって殺害されてもその情報はほとんどない)

私たち一般人が思っていることや、放送されていることは随分誘導された考え方なのだと、改めてしりました。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。