院長のブログ

答えは△です。

『抜かない歯医者はいい歯医者』

なーんて言葉がありますが、かならずしもそうではありません。

抜かない方がはるかにいいのならば、残します。私たちは抜かないでいい歯を無理やりぬいたりすることはありません。

残すことでもっとあとで不利益をえてしまうから、抜歯提案するわけです。歯科医院が2医院あったとして

1つの医院は「抜かないでいいですよ」

もうひとつの医院は「抜いたほうがいいです」または「抜かないとだめです」

という回答をしたら

患者さんは「抜かないでいい」といった歯科医院のほうが、いい医院だと判断し、腕のいい歯科医だというでしょう。お気持ちはわかります。

なぜ「抜きましょう」というのか。それは抜いたほうがはるかに患者さんに利益があるからです。抜いても抜かなくても損益が5対5であれば、すくなくとも私はぬきません。おそらく他の歯科医もそうでしょう。抜く時期を誤ることで、大きな不利益を得ている方はたくさんいます。

私の場合だと、私や私の家族が同じ状態ならどうするか?ということをかんがえて必ず治療をすすめます。

例えは悪いかもしれませんが、事故で大怪我して脚を切断しないといけなくなったとします。すべての外科医は「切断しなくてもなおせます!」といってあげたいはずです。でもそうしないと命にかかわったり、症状の改善ができないからそうするわけです。歯だって同じです。「抜かないでなおします」といえば患者さんは喜ぶでしょう。ボロボロな歯を抜かないでそのままにして、逆に大変になるケースは、数多くあります。

患者さんからお話しをきくと

「あの歯医者で抜かれた」と主張される患者さんと

「あの先生に抜いてもらった」とおっしゃる患者さんがいます。あきらかに前者は納得してないで抜歯したケースですね。

抜く歯科医は悪い歯科医ではありません。抜かない歯医者がかならずしもいい歯医者ではありません。

もっともいい歯科医(抜歯にかんして)とは、抜いたほうが絶対に患者さんのためになるという場合に、なぜ抜いたほうがよいか、抜かないとどういう不利益をえるか、きちんと説明してくれて患者さん自身が納得したうえで、抜歯してくれる歯科医だと思います。

ほとんどに歯科医は、患者さんの歯のことを本当に大切におもっているはずですよ!

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。