院長のブログ

翌日早起きして御風呂にいくつもりが、8時半くらいまでおきることができませんでした。朝食は9時まで。あまりお腹はすいていないけど、ついているんだから、食べなきゃ損。昨夜の食事からすると凝った朝食なのかもしれないし・・・・。

ところが前日とはうってかわって朝食はふつーのバイキング。普通というか、私たちが席についたときはもうおかずがほとんどなく、他のお客さんがウェイターさんに「なんにもないんですけどー!」と少しいらだった様子で訴えていました。

私たちはそもそも空腹ではなかったため、腹5分目程度にしておきました。最後の食事である昼食がたべられなくならないように・・・・。食いしん坊な私たち。

チエックアウト後、前ブログのとおりイルカセンターで癒されたあと、ソルトファームへ。

 

IMG_0506.jpgこのあたりはおいしい天然塩で有名らしく、その名のとおり塩の精製工場にいってきたんです。海沿いの小さなその工場にいってみると20代の若者が1人作業していました。「見学させてもらっていいですか?」とたずねたら、仕事中にもかかわらず快く案内してくれました。

 

 

 

 

IMG_0507.jpg

海からひきあげた海水をハウスの中で自然に水分だけ蒸発させます。すると真四角の塩の結晶がうかびあがるのです。ほんとに全部真四角。ほんの少しなめてみると塩なのに甘みを感じるんです。この塩をつかって・・・・・、真っ先にうかんだメニューは塩むすび。新米であれば絶対においしいことまちがいなし。それぞれの実家の御土産にしました。

このあと本当はホテルの温泉にはいりたかったのですが、帰りの時間を考え断念。最後の食事にむかいました。ガイドブックでチェックしていたお店。電話するとそのメニューを頼むのには40分かかるということで、予約をしてそのお店へ。

その名も『鯛めん』↓ byさしみ屋 河丁。これで2人前

 IMG_0509.jpg鯛の煮出し汁で味付けしためんを焼いた鯛の身と一緒に温かいつゆでたべます。やさしい味でなかなかの美味。祝いの席にだされる郷土料理で天草名物らしいんですが、通常メニューにはかいておらず、隣の観光客が「あれ何!食べたーい」と会話しているのが聞こえてきました。40分かかりますからね。旅行は段取りが大切です(笑)

ここから天草に別れをつげ、宮崎方面へ。

途中よった御土産屋さんで↓購入

 

 

IMG_0511.jpg 

タコの干物。まるでエイリアン。水にもどしてタコ飯にするといいようです。

高速に乗り18:45自宅に到着しました。

今回の旅、突然決めたわりに段取りもよく、すごく満足しました。食べ物がすごくおいしいし、景色も最高。お金も使いましたが、内容からすると充分。まあ二人の定額給付金で随分安くなりましたし、ETC土日割引もあったわけで、なんだかんだ自民党さんにも感謝。

なんたって天草観光をおすすめしてくれて、お店の予約までしてくれたチェジウにはスペシャルサンクスです。

旅行って本当にいいですね。 皆さんだまされたと思って一度天草にいってみてくださいね。

 おしまい

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。