院長のブログ

4日間のお休みで、DVD1本と劇場映画1本をみました。

劇場版は『ウルヴァリン Xメン ZERO』です。

 

image[1].jpg以前書いたように映画が大好きなんですが、最近はスッキリしたいせいか、アクション系の非現実的なものをみることが多いです。

ミュータントといわれる、特殊能力をもった人?たちが繰り広げるバトルアクション。スパイダーマンがすきな方ならこれも好きかも!表現方法がスパイダーマンより大人向きかな?戦うシーンがややグロテスク。

まあそれでも現実をわすれるくらいにドタバタやってくれて、スカっとしたのでアクションとしては☆3つ。(5つが最高だとして)

 

DVDでみたのが『ドラゴンボールエボルーション』

 

5d9468be7dcccd8c[1].jpg子供のころ、この漫画が大ブームでした。

今の20代から40才くらいまでの男性ならこれが映画になる!という話がでてから期待していた人も多いはず。

企画当初はスピルバーグが監督をするという話もあり、映画ファンの間ではかなり前から話題の作品。

・・・で結論から申しますと、こんなひどい作品をみたのは久しぶり!という感じです。原作を知っているとか、知らないとか関係せず、これはひどい。

制作費はハリウッドでも超がつくくらいの費用だそうですが、設定もストーリーも、配役もめちゃめちゃ。

B級映画なら「期待してなかったわりに楽しめた」という人もいるかもしれませんが、全国ロードショーされたハリウッド超大作で、これはあんまり・・・・でした。

主人公が大きくなったり小さくなったりするのに、なんで服が伸びちぢみするのか?理解不能。前半は『ベストキッド』とかこてこてのアメリカのハイスクールムービー的な流れなんですが、後半は中途半端なCGアクション。おまけに時々セリフにでてくる日本語が滑稽。「ろうし」「おおざる」「ごくう」などという言い回し・・・(汗)

評価は☆1つ。 トホホな作品。

 

ところで皆さんは映画のエンドロールまでみていますか?多くの方が席をたつんですが、私は最後までいます。エンドロール後に話のオチが流れる映画って以外におおいんですよね。上記の2つもそうでした。

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。