院長のブログ

最近はニュースの話題が豊富ですねー。

石川遼くんはやっぱりすごい。ただのアイドルではなかったですねー。このままいくとイチロークラスの名スポーツ選手になるかも・・・です。

 

各政党それぞれのマニフェストも出揃い、いよいよ盛り上がりを見せてきました。どこがどうだ、とかいうつもりはないんです。ただびっくりしたのは無駄をはぶけば9兆円の削減ができる!とおっしゃっていたこと。電気代を節約している庶民には理解できない数字・・・(汗)

すっかり話題にもならなくなりましたが、皆さん給付金どうしました?もうもらったこともわすれていませんか?

政治と宗教の話は勉強不足の私ごときがかたれることではないのでこのくらいにしときます。

さて今日から裁判員制度、はじまりましたねー。あれ皆さんどう思いますか?私はこの主観的な言論の場でものごとに対して正しい正しくないというつもりはありません。ですので私のかってな意見なのでそれに反する場合お許しください。

私は20年以上前からアメリカの裁判の仕方にたいしてこれで本当にいいのかなあ?という印象はありました。とくに違和感を感じたのが3つの事件です。

1つはOJシンプソン事件。真相は不明ですのでもしかしたら無罪なのかもしれませんが、どうも納得がいきません。⇒刑事は無罪

2つめ「フリーズ」事件。ニューオリンズの田舎町でハロウィンで仮装した日本人が拳銃で撃たれ亡くなった事件。たしか無罪

3つめマクドナルドコーヒー事件。マクドナルドでコーヒーをかったおばあちゃんが車の中であやまって自分の足にコーヒーをこぼしてやけど。コーヒーが熱すぎるとして数億円を勝ち取ったという事件。

 

どう考えたらいいか。

私たちのような特殊職業には守秘義務というものがあります。クライアントの秘密は絶対に守るって言う事です。弁護士や医師、歯科医師、などに課せられます。

これをわれわれなら留年しなければ最低でも6年間かけて教えこまれます。そのため入学時には一般学生でも、卒業までに倫理感をもち患者さんの秘密は絶対に守るよう意識づけられるのです。たとえ家族であっても患者さんの病気のことなど話してはいけないし、話さないものです。一般の方、すべての方にそれができるのでしょうか?

 

 

それから自分がひいき目にみてしまう被告だったら裁判員はどうなるんでしょうか?もし自分の好きな芸能人だったら?タイプの異姓だったら?

1年ほど前、娘2人とお母さんを親戚から殺められた男性が、マスコミや方々から犯人扱いされました。私も正直犯人だと思いました。みのもんたさんも怪しいとして疑いのちに謝罪した事件。あれはどうなるんでしょうか?

 

こういう裁判の方法がただしいのかどうか分かりません。ですが私が当事者になったとき出廷できるかどうか分かりませんし、厳正に判断できるかどうか・・・・?

 

 

ひとつだけ・・・私が評価すること。

これはよくアクアでも言うんですが、「何事もやってみないとわからない。」ということです。やってみてだめならやめることに勇気をもって、「やめよう、まちがっていた!」と宣言してやめればいいんです。最悪なのはやりもせず「あれはだめだ!」とかってに判断して前進しようとしないことだと思うんです。

ですから裁判員制度がいいのか悪いのか?正解か?誰にもまだわかりませんが、「ひとまずやってみよ!」というのが私のスタイルでアクアのスタンス。

勇気がいるのは間違っていたことを認め早期に改善することですよね。日本の政策に足りないのは・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。