院長のブログ

msc0907080626000-s2[1].jpg日本時間 昨夜2:00ごろ、マイケルジャクソンの追悼式があり、その様子を各局が早朝から放送していました。晩年は奇行ばかりがめだったため、最近の日本人の若い世代は彼の本当の偉大さをよくしらなかったと思います。私が洋楽にはまりはじめたのが80年代後半から90年代で、そのころはブラックボーカル、R&Bというようなジャンルが好きでした。ですからマイケルのポップ音楽とはちょっとちがいます。

しかし今回私も彼の偉大さをあらためて認識しました。今回の追悼式、失礼かもしれませんが、豪華メンバーでうらやましくなりました。

今でも時々診療室でスティービーワンダー(黒人歌手で私が最も天才だと思う1人)やジャクソン5、ライオネルリッチーをかけます。追悼式でマライアキャリーがアイルビーゼア歌っていたのを聞いて、朝からかけていました。マイケルのカバーですね。

msc0907080626000-s7[1].jpg 

msc0907080626000-s9[1].jpg
msc0907080626000-s3[1].jpg
20090708-00000002-flix-movi-thum-000[1].jpgウィアーザワールドもマイケルが呼びかけたからこそすごいメンバーが参加したわけですし、ヒールザワールドにしてもなんて名曲が多いんだろう!と再認識。

映画に熱狂していたころすきだったブルックシールズのスピーチも、彼は本当に純粋で素敵な人だと・・・。

マジックジョンソンやコービーの姿、アッシャーの歌・・・

 父親から虐待をうけたこともあり、家族と不仲だったそうですが、お兄さんのジャーメインジャクソンの

歌ったSmileはちょっとウルウルしてしまいました。(へーっ、ジャーメインってまだ歌うたえるんだ!)

若くして亡くなることで伝説となり人気が不動のもの永遠のものになることがあります。

ジェームスディーン、ブルースリー、マリリンモンロー、尾崎豊、石原裕次郎、ジョンレノン、JFK,プレスリー、松田優作、ダイアナ妃などなど。彼らは皮肉にも短い生涯をその絶頂期に終えることで、いつまでも皆のこころから消えることのない存在になりました。

昔から美人薄命といわれますが、スーパースターというのはそういう運命なんでしょうか?

マイケルジャクソン・・・50年に1人の逸材、本当に才能にあふれた人でした。もっと晩年に作品を聞きたかったし、ロンドン公演でどんな驚くことをするのか見たかったです。ご冥福をお祈りいたします。

 

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。