院長のブログ

私たちの仕事は理論だけでは勿論だめで、自分の技術と知識を最大限に発揮して治療にとりくまないといけません。

国家試験に合格しないと当然治療行為は行えないので、私も大学で6年間を過ごし10年以上前に免許を取得しました。

しかし大学で習ったこと、国家試験で覚えたことは実際の治療では、役に立たないことが多いのです。

卒業していかに勉強するか、いかに実践をおこなうかで歯科医としての活躍の度合いがかわってきます。

一番いいのはいい師匠にめぐまれることなのですが、当然すごい先生の医院にみんながはいれるわけではないし、たとえ有名な先生お医院でも時代遅れだったり、まちがった治療をしていることも多々あります。

卒業したてだと、どの先生がすごいかなんて全くわからないし、運よくすごい院長にめぐりあえても、数年はアシスタントだけしかさせてもらえないこともあります。

そこで多くの先生は多大な費用をかけて自費で卒後の研修会にいっています。そもそも医学書でも1冊数万円したりしますから、大変です。

研修会に行くとき、交通費や学費などを考え、「やっぱりやめよう」とあきらめたことはもう何度も!

とくに私は宮崎ですから、東京でのセミナーは海外旅行にいくのと同じくらいの決心がいります。そんななか、念願だった今回のセミナーに参加してきました。

月2日で4ヶ月間のオーラルリハビリテーションコースです。

 

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。