院長のブログ

『おくりびと』がみごとアカデミー賞の外国語映画賞をとりましたね。私最近はほとんど映画をみなくなりましたが、もともとはオタク的に映画好きでした。前に言いましたよね。『おくりびと』は観てませんが、どうなんでしょうか?僕のまわりでは誰もみていないので本当のところどうなのか。もしみた方がいらっしゃったら、感想きかせてもらえませんか?基本的には日本映画はあまりみません。結局ハデなハリウッド映画がすきです。ですから賞をとった『うなぎ』やノミネートされた『たそがれ清兵衛』、大ヒットした『おどる大捜査線』、北野武の映画もほとんどみていません。なんかものたりないというか・・・。今まで一番よかった日本映画は子供のころみた『幸せの黄色いハンカチ』かなあ。今みるとどうかわかりませんが、テレビでみて泣いた記憶があります。アカデミー賞受賞系の映画もあまりみてませんね。先日ビデオでみた『アビエーター』も好きじゃなかったし。どちらかというと、アカデミー賞は、たとえばシェイクスピア的な純文学的なものがうけるようです。作品賞がインド?映画というのは本当にすごい。ただインドは実は世界一の映画製作国なんですよね。日本アカデミー賞ってありますよね。あれって前から「なんかびみょーだなあ」と思っていたのは私だけですかね。日本一なのだからすごいんでしょうけど、なんか内輪のお祝いみたいな。ボクシングの日本チャンピオンとか、プロレスの世界チャンピオンとかと同じで、失礼ながら、すごいかすごくないかよくわからないみたいな。なぜなら、去年の日本アカデミー作品賞や、ボクシング日本チャンピオン、プロレスの世界チャンピオンって皆さんしってます???でも『おくりびと』は今回アカデミー賞で本当の意味で賞をとったんだなあと。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。