院長のブログ

以前お話ししましたが、むし歯や、歯周病で口の中がボロボロの人や、歯が随分少なくなった老人でも、むし歯にもならずに、最後まで生き残ることが多い歯があります。(人間の口の中でですよ)

 

それは下の前歯です。

多くの人が奥歯からダメになっていくことが多いのですが、

前歯の寿命を比較すると、

上の前歯が平均62年

下の前歯が平均66年

と4年も差があります。ちなみに奥歯は平均50年。

 

そのワケは下の前歯の裏側に唾液腺があり、つねに唾液で洗われているからです。

 

 

むし歯の原因は『歯垢』です。歯にくっつき、酸をだし、歯を溶かします。

歯はPH5.5以下で溶けはじめます。

 

食事を取ると一気にPHは5.5以下に下がります。つまり、食事をした直後はもっとも歯が溶けやすいときなわけです。

この酸性の状態を中性に戻すのが、唾液の力です。これを唾液の緩衝作用といいます。

 

唾液は、魔法の液体と言われます。唾液が出ることで、むし歯や歯周病の予防になりますし、唾液の抗菌作用は、食中毒の予防にもなります。(だからたくさん噛んで唾液を出して食べましょうというわけ)

 

ある先生が実験をしました。

 

5CCの水と、5CCの唾液に0.2CCの塩酸を入れたのです。

水はPH2.3(つまり強酸)

唾液はPH6.0までにしか低下しなかったのです。

 

もし、このPH2.3の水を薄めて、PH6.0にしようとしたら、なんと水が5リットル必要となるのです。

 

つまり、唾液は、水よりも約1000倍~10万倍も中性に戻す力が強いのです。

 

唾液ってすごいでしょ!!まさに『魔法の液体』

 

寝ているときは唾液が出にくいのです。

だから寝る前の歯磨きが重要なのです。

▲このページの先頭へ

ブログがオープンしました。